野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 【今日のMLB日本人選手】黒田が6回2失点で9勝目 イチローは3打数1安打

【今日のMLB日本人選手】黒田が6回2失点で9勝目 イチローは3打数1安打

日本時間24日、MLBの日本人選手はどんなプレーを見せたのか。黒田が粘りのピッチングで今季9勝目を挙げた。川崎が4打数0安打に終わるもチームは勝利した。

full-count6

田澤が1回を9球で3者凡退に抑える

○レッドソックス対マリナーズ(ボストン)

 レッドソックスの田澤は本拠地でのマリナーズ戦に救援登板。8回に3番手として登板すると、6番デノーフィアを初球でサードゴロに打ち取り、続く7番チャベスと8番テイラーをそれぞれ4球で空振り三振を奪う。1回を合計9球でテンポよく抑えてマウンドを降りた。レッドソックスは3-7で敗れ、これで7連敗となった。

田澤純一 2勝3敗14H 防御率3.04 59奪三振

○ヤンキース対ホワイトソックス(ニューヨーク)

 ヤンキースの黒田は本拠地でのホワイトソックス戦に先発。初回は先頭デアザをライトフライに打ち取ると、2番サンチェスの2塁打と3番アブレイユへのショートのエラーで1死1、2塁とされるが、4番ダンをライトフライ、5番ガルシアを空振り三振に仕留めて切り抜ける。2回は6番ギラスピーと7番ラミレスに連続で2塁打を許すが、後続を三者連続で三振に切って取り、1失点で抑える。

 3、4回はランナーをそれぞれ1人出しながら無失点で抑えた黒田だが、5回に四球と暴投で1死2塁とすると、3番アブレイユにタイムリーを浴びて2失点目。しかしその後は6回を投げ終え交代するまでヒットを許さなかった。

 イチローは9番ライトでスタメン出場し、3回の第1打席はキャッチャーゴロ、4回は2死1、2塁から内野安打、6回はセンターフライの内容で、3打数1安打とした。ヤンキースは5-3で勝利し、黒田は9勝目。ワイルドカード争いではマリナーズとのゲーム差を3.5のままキープした。

黒田博樹 9勝8敗 防御率3.94 108奪三振
イチロー 打率.280 本塁打1 打点15 盗塁11

○ブルージェイズ対レイズ(トロント)

 ブルージェイズの川崎宗則は本拠地でのレイズ戦に9番セカンドでスタメン出場。3回の第1打席は見逃しの三振、5回はサードへのファウルフライに倒れる。7回は2死2塁をショートゴロ、10回は1死1塁を空振り三振と、4打数0安打で終えた。チームは10回に1番レイエスがサヨナラヒットを放ち、5-4で勝利している。

川崎宗則 打率.267 本塁打0 打点10 盗塁0

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング