野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 地元メディアがイチローのメジャー3000本安打達成を予想 「まだまだ能力は上位にいる」

地元メディアがイチローのメジャー3000本安打達成を予想 「まだまだ能力は上位にいる」

ヤンキースのイチロー外野手がメジャー通算3000安打の金字塔を打ち立てることは可能と地元メディアが予想している。地元紙ニューヨーク・ポストが「イチローは3000本安打まで雇用され続けるか」と特集している。

20140826_ichiro

ロイヤルズ戦で2安打し、打率は2割8分6厘と上昇

 ヤンキースのイチロー外野手がメジャー通算3000安打の金字塔を打ち立てることは可能と地元メディアが予想している。地元紙ニューヨーク・ポストが「イチローは3000本安打まで雇用され続けるか」と特集している。

 名物コラムニストのジョエル・シャーマン記者は「(3000本安打達成に関しては)イエスと私は読む。スズキはもはやスターターではなく、毎試合先発するとほころびを露呈してしまう。10月に41歳に届いてしまうが、彼にはまだ能力がある。全盛期にエリートレベルだったスキルは減少しているものの、まだまだ能力は上位にいる。打率3割台の日々は過ぎ去ったが、彼の2割8分3厘の打率はヤンキースの200打数以上の打者でベストの数字だ」と現状を評価している。

 25日(日本時間26日)のロイヤルズ戦でイチローは8番ライトで先発。4打数2安打で、打率は2割8分6厘と上昇した。7月28日のレンジャーズ戦時点で2割6分9厘まで下げた打率をV字回復させている。

 打撃面のみならず、「盗塁においては13回中11回成功させるスピードを誇っている。外野の全ポジションを適切なレベルかそれ以上の守備力でこなせることができる」とも指摘している。

 また記事では、今季限りでヤンキースと契約満了となるイチローの来季の去就について、ナ・リーグ球団へのキャリア初挑戦が3000本安打達成の鍵になると分析している。

人気記事ランキング