野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大が1か月半以上の離脱も依然として新人王候補の2位にノミネート 復帰後の逆転受賞はあるのか

田中将大が1か月半以上の離脱も依然として新人王候補の2位にノミネート 復帰後の逆転受賞はあるのか

右肘靭帯損傷で現在復帰に向けてリハビリを進めているヤンキースの田中将大投手が1か月半以上の離脱にも関わらず、ア・リーグ新人王レースで生き残っていると地元メディアから評価されている。

ヤンキース

本命はホワイトソックスのホセ・アブレイユ

 右肘靭帯損傷で現在復帰に向けてリハビリを進めているヤンキースの田中将大投手が1か月半以上の離脱にも関わらず、ア・リーグ新人王レースで生き残っていると地元メディアから評価されている。

 ESPNがMLBの賞レース特集を行い、7月8日のインディアンス戦後に右肘に痛みを訴えて以来、メジャーのマウンドに上がっていない田中が、ア・リーグ新人王部門で2位にノミネートされている。1位はホワイトソックスのホセ・アブレイユ一塁手。今季116試合出場で打率3割8厘、33本塁打、94打点と活躍するキューバ出身の大砲が現時点では本命視されている。打点部門ではア・リーグ1位、ホームランは2位、打率は7位と衝撃的な数字を残している。

 寸評では「そこまで迷う余地はないかもしれない。このバトルは田中が負傷離脱以前から、すでに毎試合出場する野手であるアブレイユ有利に傾いている。ヤンキースは(プレーオフ争い)レースから滑り落ちれば、今季、田中にピッチングをさせないだろう」と評している。

 田中は今季18試合に先発。負傷が発覚する前の4試合で1勝3敗と調子を崩したが、通算12勝4敗。135奪三振で防御率は2・51。勝利数は13位タイ。規定投球回数に達していないものの、防御率は5位相当。奪三振は16位だ。

人気記事ランキング