野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックスが悪夢の日曜10連敗 なぜか勝てない“惨デー”

8月最後の日曜日のゲームとなった31日、オリックスは西武ドームでライオンズと対戦。対戦成績は11勝7敗1分と勝ち越しており、先発も吉田一将。今季ここまで10試合で5勝3敗だが、西武戦に限っては4戦2勝0敗、防御率は1・25と相性は抜群だった。

オリックス

相性抜群の対戦でも勝てず、西武に競り負ける

 8月最後の日曜日のゲームとなった31日、オリックスは西武ドームでライオンズと対戦。対戦成績は11勝7敗1分と勝ち越しており、先発も吉田一将。今季ここまで10試合で5勝3敗だが、西武戦に限っては4戦2勝0敗、防御率は1・25と相性は抜群だった。

 しかし、初回におかわり中村に甘い球をレフトスタンドに28号2ランを運ばれ、2回には炭谷にもホームランを打たれた。渡辺直人にもタイムリー3塁打を浴びるなど、2回6失点。プロ入り後、最短KOとなった。

 打線はじわりじわりと追い上げた。中村とホームラン王争いをするペーニャの28号ソロなどが飛び出した。2-6の4点差でも森脇監督は送りバントを命じると、5回に2得点。7回には先発の岸を攻め、2アウト2塁から安達が岸のチェンジアップをレフト前に運び、1点差まで迫った。

 だが追い上げもここまでで5-6で敗戦。相性の良さの効力もなく、オリックスは6月15日の中日戦から日曜日が10連敗となった。もう3か月も勝てていない。

 月日 スコア 相手 責任投手
 6・8 8-1 広島 ○ディクソン
 ※ここから連敗がスタート
 6・15 4-6中日 ●佐藤達
 6・22 3-4ヤクルト ●佐藤達
 6・29 1-2ロッテ ●ディクソン
 7・6 1-8西武 ●ディクソン
 7・13 5-6西武 ●佐藤達
 7・27 2‐3ソフトバンク ●ディクソン
 8・3 3-8 ロッテ ●ディクソン
 8・10 雨天中止
 8・17 0-1 ソフトバンク ●吉田一
 8・24 4-8 楽天 ●吉田一
 8・31 5-6 西武 ●吉田一

 8月24日の楽天戦ではホームランを打った試合は13試合全勝だった糸井に一発が出たが、その不敗神話も崩れるほど、日曜日の悪夢の方が重くのしかかっている。今後は3位の日本ハムとの試合が日曜日に続くため、優勝を目指すチームにとって悪夢の連敗は10で止めたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング