野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 驚きの守備隊形がメジャーで出現 極端なシフトは野球の本質を変えてしまうのか

驚きの守備隊形がメジャーで出現 極端なシフトは野球の本質を変えてしまうのか

先日8月29日、サンディエゴにあるペトコパークで行われたパドレスvsドジャースの1戦で、見ている誰もが驚くような光景が目の前に現れた。

まるでサッカーの「壁」のような守備隊形に観客も驚愕

 先日8月29日、サンディエゴにあるペトコパークで行われたパドレスvsドジャースの1戦で、見ている誰もが驚くような光景が目の前に現れた。

 同点で迎えた延長12回裏1死満塁の場面。守備に就いたドジャースは、なんと一、二塁間に4人の野手を一列に並べたのだ。打席に立ったのは、左打者のセス・スミス。何としてでも失点を防ぎたいドジャースは「スミスは打球を強く引っ張る傾向が強い」というデータに賭け、併殺、もしくは本塁でのフォースアウトを狙った。

 一塁ベースに1番近い場所に位置したのが、この日センターを守っていたアンドレ・イーシア、そこから二塁ベースに向かって一塁手エイドリアン・ゴンザレス、二塁手ディー・ゴードン、遊撃守ミゲル・ロハスと等間隔に並んだ。

 サッカーでFKの時に選手が一列に並んで「壁」を作るが、まさにそれ。ドジャースは野手で壁を作って、スミスの打球を外野に抜けさせない方策をとった。


【動画】1、2塁間に4人が並んだドジャースの守備陣形

 もちろん、壁の高さを超える打球を打たれたり、三塁手しかいないガラ空きの左翼方向への打球を打たれたらお手上げだ。だが、マウンド上のコレイアに低め速球を打たされたスミスは、ホームプレート近くでバウンドする球足の速い打球を一、二塁間へ飛ばした。

 待ってましたとばかりに捕球したゴードンが、本塁で待つキャッチャーのAJエリスに送球し、三塁走者は本塁でフォースアウト。エリスは併殺を狙って一塁に送球したが、ここはセーフとなり、結局はドジャースは続くグランダルに安打を許してサヨナラ負けを喫してしまうのだが、試合の勝敗以上に極端な守備隊形のシフトが注目を浴びることになった。

人気記事ランキング