野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • ロイヤルズ青木宣親が両チーム3安打ずつの投手戦で貴重な決勝打 「何とかランナーを返したかった」

ロイヤルズ青木宣親が両チーム3安打ずつの投手戦で貴重な決勝打 「何とかランナーを返したかった」

ロイヤルズの青木宣親外野手が5日(日本時間6日)、敵地でのヤンキース戦に「1番ライト」で先発し、3回に決勝打を放った。チームの4連勝に大きく貢献した青木は試合後のテレビインタビューで「結果的に決勝点になってよかった」と喜びをかみしめた。

20140906_aoki

ロイヤルズは4連勝で地区首位をキープ

○アメリカン・リーグ ヤンキース0-1ロイヤルズ(ニューヨーク)

 ロイヤルズの青木宣親外野手が5日(日本時間6日)、敵地でのヤンキース戦に「1番ライト」で先発し、3回に決勝打を放った。チームの4連勝に大きく貢献した青木は試合後のテレビインタビューで「結果的に決勝点になってよかった」と喜びをかみしめた。

 青木は0-0で迎えた3回1死2塁の場面で相手先発・ピネダの直球をセンター前にヒット。2塁走者のエスコバルが先制のホームを踏み、これが決勝点となった。青木は「何とかランナーを返したかった。うれしく思う」と振り返った。

 6回の守備から退いた青木はこの日、3打数1安打1打点。打率は.265となった。

 試合は両チーム3安打ずつという投手戦となり、ロイヤルズは先発のシールズの好投、青木の貴重な決勝打で1-0と競り勝つことに成功。地区首位をひた走っている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング