野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 松井稼が劇的2ランで楽天がサヨナラ勝ち 「初球からいこうと思いました。最高です」

松井稼が劇的2ランで楽天がサヨナラ勝ち 「初球からいこうと思いました。最高です」

首位・ソフトバンクを3.5ゲーム差で追う2位オリックスは、楽天と対戦。終始ゲームを優勢に進めたオリックスだが、終盤に楽天が猛攻を見せ、最後は松井稼のサヨナラ2ランで劇的な逆転勝利。3連勝を飾った。オリックスはリリーフ陣がリードを守り切れず痛恨の逆転負けで、ソフトバンクとの差は4へと広がった。

楽天 スタジアム

オリックスは痛恨の逆転負けで首位ソフトバンクとの差は4に

 首位・ソフトバンクを3.5ゲーム差で追う2位オリックスは、楽天と対戦。終始ゲームを優勢に進めたオリックスだが、終盤に楽天が猛攻を見せ、最後は松井稼のサヨナラ2ランで劇的な逆転勝利。3連勝を飾った。オリックスはリリーフ陣がリードを守り切れず痛恨の逆転負けで、ソフトバンクとの差は4へと広がった。

 先日の首位攻防3連戦を1分2敗で終え、もう後がないオリックスは先発のマウンドに近藤一樹を送った。対する楽天の先発は松井裕樹。

 3回表、オリックスの先頭坂口がショートへの内野安打で出塁すると、それを足がかりに2死満塁のチャンスを作り、迎えるバッターは満塁時打率.400のヘルマン。ヘルマンは2ストライクからのスライダーを叩き、鋭い当たりがセンターへ飛ぶも、センターへのライナーに終わりオリックスは先制のチャンスを逸する。

 4回裏、楽天は2アウトから4番ジョーンズが打席へ。近藤が投じた外角高めの甘いストレートを叩くと、打球はライトスタンド最前列へ飛び込む、20号ソロホームラン。楽天が先制点を挙げた。

 1点をもらった楽天先発の松井は、5回表に突如制球を乱す。簡単に2死を奪ったものの、9番伊藤を四球で歩かせると暴投で2塁への進塁を許し、続く1番平野恵のヒットで1、3塁とチャンスを広げる。2番安達も四球で出塁し、オリックスは3回と同じ2死満塁のチャンスを作ると、迎えるバッターは前の打席でセンターライナーに終わった3番ヘルマン。

 ヘルマンはフルカウントからの7球目、真ん中低めのストレートを左中間へ運ぶと、これが走者一掃のツーベース。オリックスが一気に3点を奪い逆転する。4番ペーニャもレフトへのタイムリーで続き、オリックスはこの回4得点。逆に松井にとっては2死からの4失点で悔やまれるイニングとなった。松井は6回表、四球とボークで1死2塁とされたところで降板となった。

 楽天は7回裏、オリックス3番手の佐藤達を攻め1死満塁とチャンスを迎える。しかし佐藤がここから攻めのピッチングで、1番松井稼、2番藤田を連続の見逃し三振に切って取り、オリックスは最大のピンチを凌いだ。

 しかし続く8回裏、オリックス4番手の馬原がつかまる。1死から4番ジョーンズが四球で出塁すると、5番銀次がレフト前ヒットで1死1、2塁。ここで6番枡田が右中間を破る2塁打を放ち、2者が返り3-4と楽天は1点差に追いすがる。続く7番西田も強烈な打球を放つがショートの正面を突き2アウト、8番嶋もセカンドゴロに倒れ、馬原は何とか後続を抑えた。

 そしてドラマは9回裏に訪れた。楽天は1点差で迎えた最終回の攻撃、オリックスは抑えのエース平野佳がマウンドへ。楽天は島内が内野安打で出塁し、この日ノーヒットの1番松井稼が打席に入る。松井稼は平野佳の初球を叩くと、打球はレフトスタンドポール際へ飛び込む6号サヨナラ2ランホームラン。楽天が劇的な勝利を飾った。

 松井稼は試合後「島内が出たんで送らないといけないと思ったが、サインが打てだったので初球からいこうと思いました。最高です」と語った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング