野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島が5回に集中打で逆転 先発の野村祐輔が投打で活躍

広島が5回に集中打で逆転 先発の野村祐輔が投打で活躍

広島が中日を1点差で破り、勝利した。1点をリードされた5回に一気に6安打を放ち、4得点で逆転。その後、2点を返されたが、4-3で逃げ切った。カープファンには見どころの多いゲームとなった。

広島カープ

自らのバットで同点タイムリーを放った野村

 広島が中日を1点差で破り、勝利した。1点をリードされた5回に一気に6安打を放ち、4得点で逆転。その後、2点を返されたが、4-3で逃げ切った。カープファンには見どころの多いゲームとなった。

 先発の野村祐輔は1回に森野に犠牲フライを浴びたが、2回以降は何とか持ち直し、粘りのピッチングを見せ、流れを呼ぼうと必死だった。5回も2アウト満塁とピンチを迎えたが、無失点で切り抜け、味方の援護を待った。

 すると5回、松山とキラの連続ヒット、石原の四球などで1アウト満塁とすると、打席にはピッチャーの野村。この日、2本目となるヒットはセンター前への同点タイムリーとなった。自分のバットで自分を救った。野村のがんばりに打線はつながり、梵の内野ゴロの間に1点。菊池のタイムリー2塁打で1点。中日2人目・岡田から丸のタイムリーで1点を加え、リードを広げた。

 援護をもらった野村だったが、6回に2点を失い、2番手戸田と交代。6回3失点、自責2でマウンドを降りた。その後は、最近の試合で精彩を欠いていた中田をはじめ、中崎、ミコライオがノーヒット、無失点リリーフをみせるナイスピッチングで、迫る中日を振り払った。9回には守備固めで入ったレフトの天谷が2度のファインプレーを見せ、競り勝った。

 巨人も勝利したため、ゲーム差は3と変わらなかったが、まだまだ食らいついていく。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング