野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 新人王に名乗り! ロッテ石川が7回1失点の好投で8勝目

新人王に名乗り! ロッテ石川が7回1失点の好投で8勝目

千葉ロッテは、先発したルーキーの石川歩が7回1失点の好投で西武打線を封じ、4-3で勝利した。ロッテは昨日のサヨナラ勝利に引き続き2連勝となった。

20140910_lotte

クルーズの3ランで試合を決めたロッテ

 千葉ロッテは、先発したルーキーの石川歩が7回1失点の好投で西武打線を封じ、4-3で勝利した。ロッテは昨日のサヨナラ勝利に引き続き2連勝となった。

 ロッテの先発マウンドに上がったのは、ここまで7勝を挙げているルーキー・石川。初回いきなり先頭の栗山にヒットを許し、犠打で1死2塁のピンチを招くが、浅村を三振、中村をショートゴロに打ち取り無失点で切り抜ける。

 すると1回裏、西武先発の岡本洋介を攻めるロッテは、ヒットと暴投で2死2塁のチャンスを作ると、デスパイネがレフトへタイムリーヒットを放ち、初回に幸先良く先制点を挙げる。

 5回表、1死から打席に入った炭谷がど真ん中の直球を叩くと、打球はレフトスタンド中段へ飛び込む7号ソロホームラン。西武はこれで同点に追いつく。

 両先発の好投で試合は1-1のまま進み、迎えた6回裏。ロッテは鈴木と今江のヒットで2死1、2塁とする。ここでクルーズが、岡本の投じたインコース低めの直球を上手く腕を畳んで叩くと、打球はレフトスタンド上段まで達する3ランホームラン。ロッテが一気に3点を奪い、勝ち越しに成功した。

 9回表、ロッテは3番手の松永がマウンドに上がる。伊東監督が「9回は相手打線に左が続くから松永を送った」と語っていたが、松永は1死から米野と森に連打を許し、西武は森本を代打に送る。ここでロッテは抑えのエース益田を投入するが、栗山に2点タイムリーツーベースを浴び1点差に。一打同点のピンチとなったが、最後は渡辺を三振に抑えてゲームセット。ロッテが連勝を飾った。

 ロッテ先発の石川はツーシームが良く動き、回を追うごとに制球が安定して7回1失点9奪三振の好投。新人王レースに名乗りを上げる8勝目(7敗)で、防御率は3.53となった。


千葉ロッテ対西武 ダイジェスト【パ・リーグTV】

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング