野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 球団史上17年ぶりの新人2桁勝利まであと1勝 広島・大瀬良はいかにして復活したのか

球団史上17年ぶりの新人2桁勝利まであと1勝 広島・大瀬良はいかにして復活したのか

ついに、大台が目前に迫ってきた。13日の阪神戦(甲子園)に先発した広島の大瀬良大地投手が、9勝目を挙げた。初回に連続四球などで2点を失うなど、計5失点したが、味方打線が爆発し、17点の大量援護をプレゼント。「内容は全然ダメ。野手に助けられました」との言葉の通りだったが、広島としては、97年の澤崎俊和(現2軍投手コーチ)以来となる新人での2桁勝利にあと1勝へと迫った。

広島カープ

6戦連続白星なしの苦しい時期を乗り越え、9勝をマーク

 ついに、大台が目前に迫ってきた。13日の阪神戦(甲子園)に先発した広島の大瀬良大地投手が、9勝目を挙げた。初回に連続四球などで2点を失うなど、計5失点したが、味方打線が爆発し、17点の大量援護をプレゼント。「内容は全然ダメ。野手に助けられました」との言葉の通りだったが、広島としては、97年の澤崎俊和(現2軍投手コーチ)以来となる新人での2桁勝利にあと1勝へと迫った。

 この日の登板では、これまで140キロ台後半が中心だった真っすぐが、150キロ台を数多くマークした。3回2死でマートンを遊ゴロに打ち取った球は、プロ入り後最速となる153キロを計時。九州共立大時代の自己最速に並び「スピードが出ているのは、体がしっかり動いているということ。スピードが出るのは悪くはない」と語った。

 ちょうどこの1週間前、6日のDeNA戦では、5安打無失点に抑え、プロ入り初の完封勝利も達成。新人の完封勝利も、前述と同じく、球団では澤崎以来、17年ぶりの快挙だという。6月から8月にかけて12試合に先発しながら、6戦連続、約2か月にわたって白星なしの期間があるなど苦しんでいた右腕が、ペナントレース終盤になって復活の兆しを見せてきた。

 復活の要因はどこにあるのか。

 不調時は勝てない期間が続いていたこともあり、勝ちたい、抑えたいあまりに、投球時に体が力み、バランスを崩した。体が必要以上に力むと、指先が走らなくなり、スピードやキレを欠く原因になる。そのため、体全体がリラックスした状態で投球動作に入り、リリースの瞬間にだけ力が入るフォームを模索、意識し、練習に取り組んできた。

 動画のスロー再生と動作解析が出来るアプリがあると聞くと、8月上旬にiPadも購入。それを毎日、練習に持参し、日々のキャッチボールやブルペンでの投球を映像に収めては研究と修正を繰り返した。

人気記事ランキング