野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ・唐川が7回無失点の好投 ソフトバンクは好投の飯田を援護できず

ロッテ・唐川が7回無失点の好投 ソフトバンクは好投の飯田を援護できず

ソフトバンク-ロッテの試合は、ソフトバンク・飯田、ロッテ・唐川の両先発が好投。初回の先制点を守り切ったロッテが投手戦を制した。

20140914_karakawa

唐川が粘りのピッチングで今季3勝目

 ソフトバンク-ロッテの試合は、ソフトバンク・飯田、ロッテ・唐川の両先発が好投。初回の先制点を守り切ったロッテが投手戦を制した。

 1回表、ロッテが飯田の立ち上がりを攻め、1死1塁からバッターボックスには4番デスパイネ。昨日も先制打を放ったデスパイネは、甘く入った変化球をレフトへ運ぶと、フェンス直撃のタイムリーツーベース。ロッテが1点を先制する。

 ロッテ先発の唐川は初回を三者凡退に打ち取ると、2回は先頭の李大浩にヒットを許すものの、続く柳田の場面で三振ゲッツー。松田も打ち取り、この回も3人で終える。3回も三者凡退と、上々の立ち上がりを見せた。

 4回裏、ソフトバンクは先頭の中村が四球で出塁、犠打と内野安打で2死1、3塁とチャンスを広げるが、柳田がショートゴロに倒れる。続く5回裏にも、松田の二塁打を切っ掛けに犠打と死球で1死1、3塁と絶好のチャンスを作るが、牧原がスクイズを失敗、中村も倒れて同点のチャンスを生かすことができない。

 唐川は6回裏にも無死1、2塁で4番李を迎える、この試合最大のピンチを招くが、李がファールフライに倒れると、柳田を三振、松田もファールフライに打ち取り、ピンチをしのいだ。

 ロッテは8回から大谷、9回は西野が登板、それぞれ安打を許したが無失点で切り抜け、初回に挙げた1点を守り切り1-0勝利。唐川は3勝目(9敗)、西野に29セーブ目がついた。

 ソフトバンクは先発の飯田が6回2/3を1失点と好投を見せたが、打線が助けることができなかった。飯田は5敗目(2勝)。2位オリックスが勝利したため、ソフトバンクとのゲーム差は3.5に縮まった。


ソフトバンク対ロッテ ダイジェスト【パ・リーグTV】

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング