野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 球団史上ワースト2位の借金地獄に苦しむ西武で熾烈な本塁打王争いが勃発 中村の「歴代3位タイ」かメヒアの「史上2度目」か

球団史上ワースト2位の借金地獄に苦しむ西武で熾烈な本塁打王争いが勃発 中村の「歴代3位タイ」かメヒアの「史上2度目」か

西武ドームで行われた西武対楽天の一戦は、西武が序盤から打線が爆発し11得点。投げては先発の野上が9回2死まで完封ペースの好投を見せ、11-2で西武が勝利。西武は連敗を3で止めた。

20140915_nakamura

西武が楽天に勝利し、1日で最下位脱出

 西武ドームで行われた西武対楽天の一戦は、西武が序盤から打線が爆発し11得点。投げては先発の野上が9回2死まで完封ペースの好投を見せ、11-2で西武が勝利。西武は連敗を3で止めた。

 西武・野上、楽天・菊池の先発で始まった試合は、序盤から西武打線が爆発する。1回裏、1死1、3塁のチャンスで中村がレフトへの犠牲フライを打ち上げ先制する。

 2回裏には1死満塁から栗山の2点タイムリーヒットが出て3-0とリードを広げる。さらに2死満塁から菊池の暴投で1点を加え、迎えるのは4番中村。動揺の見える菊池は、中村への初球、スライダーが抜けてど真ん中へ。中村はこれを見逃さず、レフトスタンド上段へ飛び込む3ランホームランを放ち、西武はこの回一挙6点のビッグイニングとなった。中村は31号でメヒアと並び、パ・リーグホームランダービーのトップに並んだ。


西武対楽天 ダイジェスト【パ・リーグTV】

 西武はなおも攻撃の手を緩めず、3回に脇谷のタイムリーと栗山の犠飛で2点を加え、4回には浅村のソロホームランで11点目。試合の趨勢は決した。

 投げては野上が8回まで3塁を踏ませぬ好投を見せ、完封ペースでの投球が続く。9回表も簡単に2死を取ったが、岡島にヒットを許すと、続くアンドリュー・ジョーンズがレフトスタンドへ2試合連続の22号アーチを掛け、完封を阻止。しかし野上は銀次を打ち取り、9回133球の熱投で完投勝利。5安打2失点6奪三振の内容で、8月22日の日本ハム戦以来、今季2度目の完投勝利となった。西武は直接対決を制して、1日で最下位脱出。逆に楽天が最下位へ転落した。

人気記事ランキング