野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人が代打・大田泰示の逆転アーチでマジック8

点の取り合いとなった首位・巨人と2位・広島の対決は、大田の左翼席への2ランで巨人が9-7の逆転勝利を収めた。今季第1号が貴重なホームランとなった。

巨人

点の取り合いを制した巨人

 点の取り合いとなった首位・巨人と2位・広島の対決は、大田の左翼席への2ランで巨人が9-7の逆転勝利を収めた。今季第1号が貴重なホームランとなった。

 巨人は初回、3試合連続勝利中だった澤村が乱調。菊池と丸に連続フォアボールを出すと、エルドレッド、松山、ロサリオと連続タイムリーを浴びた。石原にもタイムリーを打たれ、4失点。2回表にまわってきた打順で代打を送られてしまった。

 しかし、巨人はすぐに広島先発のヒースを攻め、小林が満塁から2点タイムリーツーベース。代打アンダーソンのタイムリー、ヒースのワイルドピッチですぐに4点を返した。

 両先発が降板した後も点の取り合いが続く。6-7で迎えた8回。巨人は広島3人目の中田から亀井がヒットで出ると、代打の大田が特大アーチ。うれしい今季1本目のホームランで原監督を喜ばせた。大田は地元・広島での一発。巨人はリリーフ5人でつないで、初回の大量失点からの逆転勝利となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング