野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 田中将大がメジャー復帰戦で80日ぶりの白星 6回途中1失点の好投で13勝目

田中将大がメジャー復帰戦で80日ぶりの白星 6回途中1失点の好投で13勝目

右肘靱帯部分断裂で故障者リスト入りしていたヤンキースの田中将大投手が21日、本拠地でのブルージェイズ戦でメジャー復帰した。75日ぶりのメジャーのマウンドで、5回1/3を5安打1失点4奪三振無四球と好投し、7月3日のツインズ以来となる13勝目。

20140922_tanaka2

メジャー復帰は75日ぶり

 右肘靱帯部分断裂で故障者リスト(DL)入りしていたヤンキースの田中将大投手が21日(日本時間22日)、本拠地でのブルージェイズ戦でメジャー復帰した。75日ぶりのメジャーのマウンドで、5回1/3を5安打1失点4奪三振無四球と好投し、7月3日のツインズ以来となる13勝目(4敗)。すべての球種を使い、肘に負担がかかるとされている宝刀のスプリットもしっかりと投げた。70球を投げてストライクは48球とコントロールの良さも負傷前と変わらず。防御率は2・47となった。

 田中が戻ってきた。試合前、ももクロのテーマ曲が流れ、右腕がダッグアウトから駆け出してくると、ヤンキースタジアムが大きな歓声に包まれた。そんな中、マウンドの土を手に付け、プレートから左足を踏み込む位置まで歩数を測る。いつも通りの仕草で準備した。

 しかし、立ち上がりはさすがの田中にも硬さが見られた。レイエスへの復帰初球は148キロの直球。外角高めに浮いた。2ボール1ストライクとなってから、真ん中に甘く入った145キロの速球を右前に運ばれる。最初の打者にヒットを浴びた。

 続くバティスタには1ボール1ストライクから、この日初めて135キロのスプリットを真ん中低めに投げ込む。ファウルで追い込んだ。しかし、最後は147キロのツーシームが逆球となり、外角に再び右前に持って行かれてしまう。

 いきなり無死1、3塁のピンチにも、エンカーナシオンは内角へと食い込む147キロのツーシームで打ち取る。コース、キレともに申し分のないボールで遊ゴロ。併殺の間に1点は奪われたものの、ピンチは脱出した。ナバーロは外角低めへの140キロのスプリットで空振り三振に仕留め、最少失点で切り抜けた。

 その裏には捕手のマッキャンが2死から同点弾。田中の女房役が相手先発ハッチソンから強烈な一発を放ち、すぐに同点に追いついた。

人気記事ランキング