野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

現地でも注目を浴びる黒田博樹の去就 果たしてベテラン右腕は来季も投げるのか

今季限りでヤンキースと契約満了になる黒田博樹投手が26日(日本時間27日)、自らの去就問題について口を開いた。

20140927_kuroda

ジーターの本拠地最終戦で好投した黒田は「かつてないほど力強く見えた」

 今季限りでヤンキースと契約満了になる黒田博樹投手が26日(日本時間27日)、自らの去就問題について口を開いた。ニュージャージ州最大のニュースサイト「NJ.com」が「ヤンキースのヒロキ クロダは2015年も投げるのか」との見出しで特集している。

 黒田は25日、今季限りで現役を引退するデレク・ジーター主将のヤンキースタジアム最終戦となったオリオールズ戦で先発。8回2失点の力投を見せ、5-2と勝利投手の権利を手にしながらマウンドを降りた。抑えのデビッド・ロバートソン投手が2本塁打を浴び、3失点を喫したため勝敗は付かなかったが、世界中の注目が集まる大一番でその実力が健在であることを示した。

 記事では「39歳といえば、ピッチャーの世界では高齢者となるが、ヒロキ クロダは木曜日の夜にかつてないほど力強く見えた。今季最終先発試合で、わずか2失点で8回まで投げきったが、勝ち星はつかなかった」と衰えを見せぬ黒田を称えている。

「あれはメジャー最後のピッチングなのか?」

 オリオールズ戦でサヨナラヒットを放ったジーターフィーバーから一夜明けると、地元メディアは黒田を囲み、こう質問したという。

人気記事ランキング