野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 西川遥輝が初の盗塁王に輝く 日本ハムからは昨季の陽岱鋼に続く2年連続の輩出

西川遥輝が初の盗塁王に輝く 日本ハムからは昨季の陽岱鋼に続く2年連続の輩出

日本ハムの西川遥輝(22)が43盗塁で盗塁王に輝いた。日本ハムは一昨年まで同タイトルを獲得できなかったが、昨年の陽岱鋼に続く2年連続の輩出となった。

日本ハム

4選手が20盗塁以上を決めたのは球団52年ぶり3度目

 日本ハムの西川遥輝(22)が43盗塁で盗塁王に輝いた。日本ハムは一昨年まで同タイトルを獲得できなかったが、昨年の陽岱鋼に続く2年連続の輩出となった。

 プロ入り4年目の西川は昨季の22盗塁からほぼ倍の数字となり、得点もリーグ2位。また球団発表によると、中島卓、大引、陽を含む4選手が20盗塁以上を決めたのは球団52年ぶり3度目だったという。

 西川は「今年は1番から3番まで打たせてもらい、やりがいのあるシーズンでした。盗塁は数を求めていたわけではなく、チームが勝つためにプレーした結果の43個だと思っています。そこにタイトルがついてきましたし、初めてのタイトルなので素直に喜びたいです」とコメントしている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング