野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プロ2年目で最速162キロを投じる大谷翔平の凄さ 専門家からは「近いうちにダルビッシュと肩を並べる」との声も

10月5日、日本ハムの大谷翔平が公式戦自己最速となる、162キロを記録した。今季最後のリーグ戦登板となった大谷は、当初から短いイニング限定だったこともあり、立ち上がりから全力でのピッチング。先頭の銀次に対する2球目に、いきなり162キロを投げ込んだ。

日本ハム

160キロ超えを連発する大谷と、突出したストレートを持つ藤川

 10月5日、日本ハムの大谷翔平が公式戦自己最速となる、162キロを記録した。今季最後のリーグ戦登板となった大谷は、当初から短いイニング限定だったこともあり、立ち上がりから全力でのピッチング。先頭の銀次に対する2球目に、いきなり162キロを投げ込んだ。

 クライマックスシリーズへの調整の意味合いが強く、2イニングでマウンドを降りた大谷だが、結果的に12球の160キロ超えを記録。改めてポテンシャルの高さを見せつける登板となった。しかし一方で、銀次には162キロをファールされ、榎本にはヒットを打たれている。球速だけでは抑えられない、そんなプロの底力も同時に認識させられたシーンだった。

 今季、大谷が何度も自己記録を塗り替えていったことで、過去の球速ランキングを目にする機会も増えてきている。スポーツコメンテーターの飯田哲也氏に、自身が対戦した投手の中で、印象に残っている投手を聞いた。

「僕が対戦したことがある投手だと、伊良部や与田剛さんのストレートが印象に残ってます。ただ、突出していたのは、やはり藤川球児ですね」

 伊良部秀輝氏は1993年に、当時日本人最高となる158キロを記録した。与田剛氏はルーキーイヤーの1990年に157キロを記録。どちらも球界を代表する剛速球投手だ。そして現在シカゴ・カブスに所属する藤川球児は、日本球界では最速156キロと、2人の速度を上回ったことはない。なぜ、藤川のストレートが突出した印象を残しているのだろうか。

「全盛期の藤川は、もう本当にボールに当たる気がしませんでした。タイミングが取れないんです。よく“ボールがホップする”という表現をしますが、まさにそれが当てはまりました。

 技術的には、ボールをリリースする最後の最後まで指先に力が入っていて、ギリギリまで長く持ってボールを押し出して投げています。そして腕を縦に振り、リリースポイントでボールを切るように投げてくるので、スピン量が圧倒的に多かった。

 藤川のストレートは高めに来ることが多くて、一般的には高めは危ないと言われますが、彼の場合は高めからさらに浮き上がってくるイメージで、打てる気がまったくしませんでした」

人気記事ランキング