野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神がメッセの好投、福留弾でファイナル王手

セ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)ファーストステージ、2位阪神-3位広島は1-0という息詰まる投手戦を制した阪神が先勝した。

阪神甲子園

福留「手応えはよかった」

 セ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)ファーストステージ、2位阪神-3位広島は1-0という息詰まる投手戦を制した阪神が先勝した。

 阪神はメッセンジャー、広島は前田健太の先発で始まった。両先発投手とも譲らず、試合は6回に入る。均衡を破ったのは阪神・福留孝介の一打だった。1アウトから広島・前田健太の150キロの外角低めのストレートをバックスクリーンへ弾き返した。

 豪快なソロアーチに「手応えはよかった。3ボール1ストライクだったので思いきり行くだけだった」と福留。前田はがっくりと肩を落とした。

 前田はこの回で降板。6回106球、7安打1失点。2番手には一岡竜司がマウンドに上がった。一岡は7回2アウト2、3塁から首位打者のマートンをショートゴロに打ち取り、ピンチをしのいだ。広島はその後、先発候補だったヒースを投入し、失点を防いだ。

 好投を続ける阪神先発のメッセンジャーは8回、先頭の代打・田中に四球、走者を2塁まで進められるも菊池や丸を打ち取り、お役ごめん。105球、4安打無失点の見事な投球だった。

 阪神はクローザーの呉昇桓(オ・スンファン)が締めて勝利。12日の第2戦で勝利するか引き分ければ、巨人が待ち受けるファイナルステージ進出が決まる。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング