野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハムがファイナル進出へ王手 大谷乱調も打線がパ・リーグ最強右腕攻略

日本ハムがファイナル進出へ王手 大谷乱調も打線がパ・リーグ最強右腕攻略

パ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)ファーストステージ、2位オリックス-3位日本ハムは6-3で日本ハムが先勝。ファイナルステージ進出へ王手をかけた。

20141011_otani

大谷「四球が多くリズムがあまりよくなかった」

 パ・リーグのクライマックス・シリーズ(CS)ファーストステージ、2位オリックス-3位日本ハムは6-3で日本ハムが先勝。ファイナルステージ進出へ王手をかけた。

 オリックスは金子千尋、日本ハムは大谷翔平が先発。

 注目の対決で先に失点したのは大谷。2回、2死走者なしから7番ヘルマンに2塁打を許すと、四球、死球で満塁のピンチ。ここで1番平野恵に押し出し四球、さらに2番坂口にも痛恨の死球で押し出し。この回だけで4四死球で2点を失った。

 しかしその後、粘りの投球を見せた大谷を日本ハム打線が援護。5回2死3塁から9番大野が金子のストレートを叩き、ライトへのタイムリーヒットで1点差。6回には2死1、2塁から6番近藤がレフトへタイムリーヒットを放ち、同点。さらに7番ミランダもタイムリー2塁打で続き、勝ち越しに成功した。

 オリックスはその裏の攻撃ですかさず反撃。1死2塁から6番川端のタイムリーで3-3に追いついたが、相手エース金子から3点を奪った日本ハム打線は止まらない。7回からマウンドに上がった相手2番手の岸田を攻め、1死1、3塁から2番中島卓のセーフティスクイズで再び勝ち越し。さらに8回、オリックス4番手の佐藤達から4番中田、5番小谷野が連打。無死2、3塁から近藤の犠牲フライで追加点を奪うと、さらに2死満塁の場面で西川が四球を選び、押し出し。リードを3点に広げた。

 日本ハムは大谷の後を継いだリリーフ陣が踏ん張り、先勝。この日の大谷は6回を投げ、5安打7奪三振5四死球で3失点、CS初白星をマーク。「四球が多くリズムがあまりよくなかったです。最後の1点も粘りきらないといけない場面でしたが粘れずに相手に点を与えてしまいました。ただ、打線に援護してもらって点を取ってもらいましたし、守備でもバックに助けてもらいなんとか6回まで投げきれました」とコメントしている。

 日本ハムは12日の第2戦で勝てば、ファイナルステージ進出が決まる。


オリックス対日本ハム ダイジェスト【パ・リーグTV】

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング