野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 米国はこう見ている
  • 青木所属のロイヤルズがリーグ優勝決定Sでも快進撃 敵地での連勝スタートはワールドシリーズ進出確率100%

青木所属のロイヤルズがリーグ優勝決定Sでも快進撃 敵地での連勝スタートはワールドシリーズ進出確率100%

青木宣親外野手の所属するロイヤルズが11日(日本時間12日)、オリオールズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第2戦で6-4勝利を飾った。敵地2連戦で2勝を挙げたロイヤルズだが、データ上ではワールドシリーズ進出確率100%であることが分かった。

20141012_aoki

14日からは本拠地で3連戦

 青木宣親外野手の所属するロイヤルズが11日(日本時間12日)、オリオールズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第2戦で6-4勝利を飾った。敵地2連戦で2勝を挙げたロイヤルズだが、データ上ではワールドシリーズ進出確率100%であることが分かった。

 ESPNスタッツ&インフォメーションによると、リーグ優勝決定シリーズが4戦先勝で勝ち上がりという形式となった1985年以降、敵地初戦と2戦目で連勝したケースは過去に11回あり、いずれのチームもその後ワールドシリーズ進出を決めているという。

「(敵地連勝後に)ワールドシリーズに行けない初めてのチームにはなりたくないね」

 指名打者のビリー・バトラーはそう語っている。

 今季ワイルドカードで1985年以来となるプレーオフに進出したロイヤルズはポストシーズン怒濤の6連勝。いまだ無敗と勢いに乗っている。この日、3打数1安打1四球1得点と貢献した青木も「敵地で2連勝は大きい」と声を弾ませた。

 13日(日本時間14日)からはロイヤルズの躍進によってフィーバー状態の地元カンザスシティで3連戦が始まる。青木自身初となる夢のワールドシリーズ進出へ大きく視界が開けてきた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング