野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

小久保監督も「歓迎」 「タッチ」の上杉達也らが侍ジャパン入り!?

野球マンガファンなら一度は耳にしたことはあるであろう“豪華メンバー”の侍ジャパン入り。野球マンガ界の主要キャラクターが侍ジャパンのユニフォームに身を包む姿を見てワクワクする読者も少なくないだろう。

20141014_samuraitouch

侍ジャパン、世界一奪還に向け強力タッグが実現

 野球日本代表「侍ジャパン」は14日、追加メンバーを発表し、「キャプテン」(ちばあきお)の谷口タカオ、「タッチ」(あだち充)の上杉達也、「MAJOR」(満田拓也)の茂野吾郎、「おおきく振りかぶって」(ひぐちアサ)の三橋廉、「ダイヤのA」(寺嶋裕二)の沢村栄純の5選手が選出された。侍ジャパンの小久保監督も「5名の侍ジャパン入りを歓迎します」とコメントしている――。

 野球マンガファンなら一度は耳にしたことはあるであろう“豪華メンバー”の侍ジャパン入り。野球マンガ界の主要キャラクターが侍ジャパンのユニフォームに身を包む姿を見てワクワクする読者も少なくないだろう。

 これは来月12日から開幕する日米野球に合わせて計画された侍ジャパンと野球マンガの豪華コラボ企画で、野球マンガ界の新旧人気キャラクター5人が今月17日から来月30日の間、侍ジャパンの“一員”となり、ともに球界を盛り上げることになった。

 ポスターや本のしおり、野球カード等が制作され、全国の書店やコンビニ、バッティングセンター、電子書籍などで「僕らも、侍ジャパンフェア!」として展開。来月10日の日米野球壮行試合「侍ジャパン対福岡ソフトバンク」などで来場者全員に野球カードを配るなど、様々なイベントが企画されている。

 このコラボの狙いは日本野球界の「結束」だ。

 日本は少子高齢化の真っただ中。子供たちの野球人口は年々減少傾向にあり、今後、野球人気をどう維持していくかは大きな課題。同時に、野球マンガ市場もピーク時と比べると勢いは衰えている。

 そこで、プロ・アマが結束し世界一を目指す侍ジャパンと野球マンガが「野球ファンの獲得」「野球マンガの再活性化」を見据え、がっちりとタッグを組んだ。また、日本が世界に誇る「マンガ」というコンテンツを通じて野球の世界普及を目指す目的もある。

人気記事ランキング