野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

あるか下剋上 専門家から「阪神有利」の声

セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを制した、阪神。今日からセ王者の巨人とのファイナルステージに挑む。1位チームに1勝のアドバンテージが与えられるファイナルステージ、巨人と阪神はどのような戦いを見せるのか。

巨人

今日からCS最終ステージ、総合力で上回る巨人に阪神が打ち勝つ要素は?

 セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージを制した、阪神。今日からセ王者の巨人とのファイナルステージに挑む。1位チームに1勝のアドバンテージが与えられるファイナルステージ、巨人と阪神はどのような戦いを見せるのか。スポーツコメンテーターの飯田哲也氏に、ファイナルステージの見どころを語ってもらった。

「阪神は広島とのファーストステージ、投手戦を制しました。お互いに拙攻だった部分もありますが、阪神の投手陣の良さが目立ったと思います。特に2戦目で投げた能見は、シーズンの不調を覆すような素晴らしいピッチングを見せてくれました。

 この結果を踏まえて、チームの総合力は巨人の方が上だということも考えた上で、ファイナルステージは阪神の方が若干有利だと感じています。阪神は2試合で勝ち抜けを決められたので、先発に藤浪と岩田が残っていますし、メッセンジャーと能見も使える。逆に巨人は菅野が投げられないのがかなり痛いですね」

 広島との戦いを1勝1分で制した阪神は、確かに先発投手の力投が光った。しかし一方で、2試合で奪った得点は福留のソロホームラン1本のみと打線には不安が残る。

「確かに、なかなか得点を奪えませんでした。ただ、チャンスは作れていましたし、もう少し得点を奪うために方策を練る必要があると思います。短期決戦なので、シーズン中と戦い方を変えなければなりません。貪欲に1点を奪いに行く、そうした戦いが求められます。

 具体的には、打順の入れ替えをしても良いのではないかと考えています。2戦目などは、西岡が3回も塁に出ながら、強力なクリーンナップを生かすことができませんでした。そこで、上本と大和の打順を入れ替えて、西岡の出塁率とクリーンナップの力を生かす。

 上本の2番は確かに魅力的なんですが、初回こそバントをしましたが、強攻策が裏目に出た場面もありました。ベンチも上本が2番にいると“何かしたい”と欲が出てしまいます。短期決戦ですから、シーズンとは考え方を変えて、2番に大和を置いて確実にランナーを進める、そんな野球をした方が良いのではないでしょうか」

 確かに阪神は得点こそ奪えていないが、初戦は8安打3四死球、2戦目も7安打2四死球とランナーを出すことは出来ている。打順の変更は、得点を増やすための一つのヒントになるかもしれない。

人気記事ランキング