野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神がCSファイナル初勝利で巨人に先勝 藤浪が7回1失点と好投

阪神がCSファイナル初勝利で巨人に先勝 藤浪が7回1失点と好投

セ・リーグのクライマックスシリーズ最終ステージは2位の阪神が1位・巨人を1-4で下し、先勝した。

巨人

巨人1-4阪神(東京ドーム・15日)

 セ・リーグのクライマックスシリーズ最終ステージは2位の阪神が1位・巨人を1-4で下し、先勝した。

 阪神打線はいきなり巨人の先発ピッチャーの内海に襲いかかった。先頭の西岡がレフト前ヒットを放つと、1アウト2塁から鳥谷がセンターオーバーのタイムリー二塁打で先制。続くゴメスが阪神ファンの待つレフトスタンドへ2ランを放った。立ち上がりを攻めて3点を奪った。

 3回には先頭の上本が四球で出塁。そこから1、2塁のチャンスを作るとゴメスのタイムリーで4点目が入った。

 一方、阪神先発の藤浪は躍動感のある力強いピッチングで4、5、6回と走者を一人も出さず、巨人打線を無失点で封じた。しかし、7回裏に巨人の4番、阿部にライトスタンドへ本塁打を浴び、1点を失った。さらにアンダーソン、村田、亀井に3連打を浴び、満塁の大ピンチを迎えたが、片岡の代打・セペダをファーストゴロの本塁ゲッツーに仕留める。続く代打・井端もファーストフライに打ち取り、窮地を切り抜けた。藤浪は7回6安打1失点で降板した。

 阪神は8回を福原、高宮とつないで無失点リレー。最後にクローザーの呉昇桓(オ・スンファン)が締めて藤浪の好投に応えた。敗れた巨人はアドバンテージを含め1勝1敗となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング