野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

吉村の劇的サヨナラ打でソフトバンクが先勝!

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ第1戦は、ソフトバンクが吉村の一打で劇的なサヨナラ勝ち。1位チームに1勝のアドバンテージが与えられているため、対戦成績はソフトバンクの2勝となった。

20141015_yoshimura1

9回裏に見せたソフトバンクの粘り

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ第1戦は、ソフトバンクが吉村の一打で劇的なサヨナラ勝ち。1位チームに1勝のアドバンテージが与えられているため、対戦成績はソフトバンクの2勝となった。

 ソフトバンク・大隣、日本ハム・浦野の先発で始まった試合は、3回裏、ソフトバンクが先制する。先頭の吉村がライトへのヒットで出塁すると、細川が送り1死2塁。明石はライトフライに倒れるが、続く柳田が右中間フェンスへダイレクトで当たるタイムリーツーベースを放ち、ソフトバンクが1点を先取。

 5回裏にもソフトバンクは、2死から細川と明石の連打と浦野の暴投で2、3塁のチャンスを作る。ここで打席に入るのは先制タイムリーを放っている柳田。しかしここは浦野が踏ん張り、柳田をセカンドゴロに打ち取ってピンチを切り抜ける。

 7回表、先頭で打席に入ったのは昨日のヒーロー、中田翔。中田は2-2から大隣の投じた低めの変化球をすくい上げると、打球はレフトポール際へ飛び込む同点のホームラン。連日の中田の一発で日本ハムが同点に追いつく。

 さらに日本ハムは、大谷がレフト前へヒットを放つと、送球の隙を突いてセカンドへ到達。続く小谷野は送りバントを試みる。打球はキャッチャー前へ転がり、細川は迷わずにサードへ送球するが、大谷のスライディングが若干早くフィルダースチョイスとなり、無死1、3塁と大チャンス。ここで赤田が低めのボール球にバットを投げ出すと、打球はショートゴロとなり大谷が生還。大谷が足を見せて日本ハムが逆転に成功した。

 日本ハム先発の浦野は9回裏のマウンドにも登る。ソフトバンクは先頭の李大浩を四球で出塁すると、続く松田がセンター前へゴロで抜けていく意地のヒットで繋ぎ、無死1、3塁と絶好のチャンスを作る。ここで浦野は降板、抑えの切り札増井がマウンドへ。

 中村の内野ゴロで1死2、3塁となり、打席には吉村。吉村は増井の投じた低めのボールをはじき返すと、打球はセンターオーバーのタイムリーツーベース。吉村の劇的なサヨナラ打でソフトバンクが初戦を制した。


ソフトバンク対日本ハム ダイジェスト【パ・リーグTV】

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング