【米国はこう見ている】青木宣親の好感度が急上昇中 現地メディアも「ずっと変わらないで、ノリ・アオキ」
2014.10.17
青木宣親外野手の所属するロイヤルズが15日(日本時間16日)、本拠地でオリオールズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦に勝利。29年ぶりのリーグ優勝とワールドシリーズ進出を決めた。青木は試合後にダグアウトに上り、観客とハイタッチして喜びを分かち合った。
20141017_aoki

photo by Yukihito Taguchi

「なぜみんなノリが好きなのか」

 青木宣親外野手の所属するロイヤルズが15日(日本時間16日)、本拠地でオリオールズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦に勝利。29年ぶりのリーグ優勝とワールドシリーズ進出を決めた。青木は試合後にダグアウトに上り、観客とハイタッチして喜びを分かち合った。

 シーズン後半になってから、青木は自身とチームの躍進により、喜びをあらわにする機会が増えた。そんな青木について、MLB公式HPとも提携する米メディア「スポーツ・オン・アース」は「なぜみんなノリが好きなのか」と題した記事を掲載。地区シリーズ第1戦での2つのスーパーキャッチ後に見せた表情を例に挙げ、青木の魅力を紹介している。

「彼のプレーの見どころの1つには、フィールドでの喜び様がある。2つのキャッチの後、彼はまるで生まれて初めてスーパーキャッチを決めたリトル・リーガーのように、溢れんばかりの笑顔でダグアウトに戻っていった」

 記事は他にもヤクルト時代のスーパーキャッチや、ブルワーズ時代の観客との交流にも触れたのち、「ノリ・アオキ、ずっと変わらないで」という言葉で締めくくられている。

 青木のこうした無邪気に感情を示す様はチームメイトからも好印象を持たれているようだ。ラスティ・クンツ外野守備コーチがロイヤルズ公式HP上に掲載されているファンマガジン「ベースボール・インサイダー」で語ったところによると、ダグアウトで交わすチームメイト同士の祝福に、青木は欠かせない存在になっているという。「みんなノリを慕って、彼に寄っていくんだ」。



1 2
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月