野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神が逆転勝ちで怒涛のCSファイナル3連勝、9年ぶり日本シリーズ進出に王手!

阪神が逆転勝ちで怒涛のCSファイナル3連勝、9年ぶり日本シリーズ進出に王手!

セ・リーグのクライマックス(CS)ファイナルステージ第3戦で阪神が巨人を4-2で下し、怒とうの3連勝。リーグ優勝の巨人に与えられているアドバンテージを合わせ、3勝1敗とした阪神は、CSファイナルステージ突破に王手をかけた。

巨人

代打・福留が同点打、4番ゴメスが3打点の活躍

 セ・リーグのクライマックス(CS)ファイナルステージ第3戦で阪神が巨人を4-2で下し、怒とうの3連勝。リーグ優勝の巨人に与えられているアドバンテージを合わせ、3勝1敗とした阪神は、CSファイナルステージ突破に王手をかけた。

 ここまでCS2試合で3得点と苦しんでいた巨人打線は初回、先頭の長野が四球で出ると、犠打などで2死2塁とし、4番・阿部がセンターへタイムリーヒット。相手先発のメッセンジャーから先制点を奪った。さらに3回には2死走者なしから2番亀井が本塁打を放ち、リードを2点に広げた。

 巨人は守備でも魅せる。4回、それまで阪神打線をノーヒットに抑えていた先発の杉内がこの日初めてピンチを迎え、上本のヒットから1死満塁のピンチに。新井良の三振の後、続く藤井の打球は左中間に飛ぶも、中堅・長野が好捕。窮地を救った。

 しかし、ここまで2連勝と波に乗る阪神は勝負強さを見せる。

 6回1死2塁からゴメスがレフトへタイムリーヒットを放ち1点差。続くマートンもヒットで続き、1、2塁とすると、ここで杉内は降板となり、西村がマウンドへ。阪神はここで代打に福留を送り、これが奏功する。福留はレフトにタイムリーツーベースを放ち、同点に追いついた。

 阪神は7回、巨人の3番手・山口を攻める。西岡のヒット、鳥谷のツーベースで1死2、3塁とするとゴメスがやや詰まりながらもレフト前に運び、2点勝ち越しに成功。

 阪神はメッセンジャーが5回2失点で降板後、 リリーフ陣が踏ん張る。高宮、安藤、松田と継投し、8回2死1、2塁となった場面で、呉昇桓(オ・スンファン)がマウンドへ。守護神はこの緊急投入でロペスをレフトフライに仕留め、ピンチをしのぐと、9回もきっちりと締めた。

 阪神はこれで怒とうの3連勝。2005年以来、9年ぶりとなる日本シリーズ進出に王手をかけた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング