野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

打線爆発の日本ハムがCSファイナルタイに 陽の2打席連発、中田の4戦連発でソフトバンクを下す

ソフトバンクの2勝1敗で迎えたパ・リーグクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦は、日本ハムの打線が初回から爆発し、日本ハムが12-4で勝利。これで対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。

20141017_yo

陽は1人で5打点をたたき出す大活躍

 ソフトバンクの2勝1敗で迎えたパ・リーグクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦は、日本ハムの打線が初回から爆発し、日本ハムが12-4で勝利。これで対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。

 ソフトバンク・摂津、日本ハム・吉川の先発で始まった試合は、初回からいきなり動く。1回表、2死から打席に入るのは、CSで不振の陽。1ボールから摂津の投じた外角の直球を、逆らわないバッティングで右方向へ。すると打球はライトスタンドへ飛び込むホームランとなり、日本ハムが1点を先制する。

 続く中田はサードへ強烈な打球を放つと、松田が横っ飛びで捕球を試みるがこぼれてしまい、記録はヒット。大谷もヒットで続き2死1、2塁とチャンスを広げると、小谷野は真ん中の変化球を左中間スタンドへ運び3ランホームラン。日本ハムが初回、一挙4点を奪った。

 1回裏、ソフトバンクもすぐに反撃。先頭の柳田が内野安打で出塁すると、今宮がバントでランナーを進める。内川は三振に倒れるが、4番李がライトへタイムリーを放ち1点を返す。さらに松田、中村が連打で続いて2死満塁のチャンスを作るが、吉村がサードゴロに倒れて追加点はならなかった。

 2回表、日本ハムはまたも2死からチャンスを作る。今季のパ・リーグ盗塁王、西川がセンター前ヒットで出塁すると、続く中島卓の初球ですかさず2盗。中島も細川の悪送球で出塁、中島も2盗を決めて2死2、3塁。ここで第1打席にホームランを放っている陽が3球目をたたくと、今度はセンターへの大飛球。フェンスに当たって戻ってきたかに見えた打球はビデオ判定の結果、2打席連続となるホームランとなった。2回表の時点で日本ハムが7-1と大きくリード。ソフトバンク先発の摂津はこの回で降板。2回7失点と、背信のピッチングになってしまった。

 5回に近藤のタイムリーで日本ハムがさらに1点を加えた5回裏、ソフトバンクは四球の柳田を1塁に置き、内川が2試合連続となる2ランホームランを放ち、ソフトバンクも追いすがる。

 しかし6回表、日本ハムは中軸の活躍で突き放す。1死1、3塁から陽が今日5打点目となるレフトへのタイムリーを放つと、続く中田が4試合連続となる3ランをレフトスタンド中段に突き刺し、12-3と試合の趨勢を決めた。

 日本ハムは先発の吉川が6回3失点で降板すると、その後は小刻みなリレーでリードを守りきり、ファイナルステージ2勝目を挙げた。


ソフトバンク対日本ハム ダイジェスト【パ・リーグTV】

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング