野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクが3年ぶり日本シリーズ進出に王手!

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦は、ソフトバンクが日本ハムを5-2で下し、対戦成績を3勝2敗として、2011年以来3年ぶりとなる日本シリーズ進出に王手を掛けた。

20141018_soft

序盤のリードを小刻みな投手リレーで守り切る

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦は、ソフトバンクが日本ハムを5-2で下し、対戦成績を3勝2敗として、2011年以来3年ぶりとなる日本シリーズ進出に王手を掛けた。

 2連敗でこの試合を迎えたソフトバンクは、先発のマウンドに中田を送る。日本ハムの先発は木佐貫。試合は1回裏、いきなり動く。先頭の柳田が真ん中低めの真っ直ぐをすくい上げると、打球は右中間スタンド最前列に飛び込むソロホームラン。ソフトバンクが1点を先制する。

 2回表、1死から中田の制球が乱れ、ミランダ、近藤、大引に対して3連続フォアボール。ここで大野がライトへタイムリーを放ち、日本ハムがすぐに同点に追いついた。さらに1死満塁とチャンスが続くが、西川が空振り三振、中田卓がセカンドゴロに倒れ、逆転には至らなかった。

 2回裏、ソフトバンクは先頭の松田が左中間へのツーベースで出塁すると、中村が犠打で送り1死3塁。バッターボックスには、初戦でサヨナラ打を放った吉村が入る。吉村はレフトへタイムリーヒットを放ち、再び1点をリードする。

 ソフトバンクは3回にも追加点を挙げる。日本ハムはこの回から木佐貫に代えてメンドーサをマウンドへ。メンドーサは簡単にツーアウトを取るが、明石がレフト前へのラッキーなヒットで出塁すると、内川もライト前ヒットで続く。そして李が四球を選び2死満塁とチャンスを広げ、松田がセンターへ2点タイムリーを放ち、ソフトバンクが4-1と日本ハムを突き放した。

 5回表、日本ハムは先頭の大野が四球で塁に出ると、続く西川がセンター前ヒットで続く。中島卓が犠打で送り1死2、3塁のチャンスで陽はショートゴロに倒れるが、その間に大野がホームに返り、2点差に詰める。

 6回表、ソフトバンクは先発の中田から岡島をマウンドへ。岡島は2死を取るが大引の代打・赤田に内野安打を許すと、続く大野を四球で歩かせてしまう。秋山監督はここで岡島から森福にスイッチ。森福は西川に3-2から四球を与え2死ながら満塁となるが、中島卓が三振に倒れ日本ハムは大きなチャンスを逃した。

 7回裏にも李の犠牲フライで1点を追加したソフトバンクは、6回から岡島、森福、森、五十嵐、サファテと小刻みな投手リレーでリードを守り切り、5-2で勝利。日本シリーズにあと1勝と迫った。


ソフトバンク対日本ハム ダイジェスト【パ・リーグTV】

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング