野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神が圧巻の下剋上、CSファイナルS初の4連勝で決めた! 打線爆発で9年ぶり日本シリーズ進出

阪神が圧巻の下剋上、CSファイナルS初の4連勝で決めた! 打線爆発で9年ぶり日本シリーズ進出

セ・リーグのクライマックス(CS)ファイナルステージ第4戦で阪神が巨人を8-4で下し、2005年以来、9年ぶりとなる日本シリーズ進出を決めた。

阪神甲子園

初回にマートン3ラン&福留ソロ弾、2回に西岡2ラン

 セ・リーグのクライマックス(CS)ファイナルステージ第4戦で阪神が巨人を8-4で下し、2005年以来、9年ぶりとなる日本シリーズ進出を決めた。リーグ優勝の巨人に与えられているアドバンテージを合わせ、4勝1敗。これまでセパともにアドバンテージの1勝を持ったチームが3連勝でファイナルS突破を決めたケースはあるが、ファーストステージ勝者が4連勝で決めたのはCS史上で初めて。阪神が怒涛の勢いで下剋上を成し遂げた。

 勝てばファイナルS突破が決まる阪神は初回、いきなり巨人先発の小山に襲いかかる。初回1死から2番上本がサードへの内野安打で出塁すると、鳥谷がセンター前ヒットで続く。4番ゴメスは三振に倒れたが、5番マートンが左中間スタンドへ3ランを放ち、3点を先制。さらに続く福留もライトスタンドへソロ弾。阪神は一挙4点を奪った。

 さらに2回には1死2塁から1番西岡がライトスタンドへ2ランホームラン。序盤で6-0と大量リードを奪った。

 だが、負ければ終わりの巨人はその裏の攻撃で反撃。先頭の6番亀井が相手先発の能見からソロホームランを放ち、1点を返す。しかし、その後、1死1、3塁のチャンスで1番坂本がショートへの併殺に倒れ、好機を逸した。

 3回裏、巨人は井端、アンダーソンと連打で1、2塁とすると、4番阿部のファーストゴロの間に2、3塁に。このチャンスで5番村田が犠牲フライを放ち、加点。4点差とした。

 能見は5回を投げ、9安打を許しながら要所を締めるピッチングで2失点に抑えた。阪神は6回から継投。安藤がマウンドへ上がると、1死2塁のピンチを迎えるも、後続を断ち無失点で切り抜けた。

 そして阪神は7回に1死満塁からゴメスがレフト前に2点タイムリーで貴重な追加点。ゴメスはファイナルステージ8打点目と4番の仕事をきっちりと果たした。

 阪神は7回に松田、8回は福原、9回には守護神・呉昇桓(オ・スンファン)とマウンドに送る。9回、巨人は意地を見せ、6連投の呉に対してセペダ、坂本が連続ホームランを放つが、反撃もそこまで。

 阪神は9年ぶりの日本シリーズに駒を進めた。次なる目標は1985年以来、29年ぶりとなる日本一。果たしてこの勢いを持続できるか。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング