野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 青木が満塁でタイムリーヒット! 先発全員安打と打線爆発のロイヤルズが29年ぶり世界一に逆王手

青木が満塁でタイムリーヒット! 先発全員安打と打線爆発のロイヤルズが29年ぶり世界一に逆王手

青木宣親外野手が所属するロイヤルズが28日(日本時間29日)に本拠地で行われたワールドシリーズ(WS)第6戦でジャイアンツを10-0で破り、3勝3敗のタイに戻した。「2番ライト」で4試合ぶりに先発した青木もシリーズ10打席目にして初安打初打点をマークするなど、勝利に貢献。負ければ終わりという崖っぷちの状態から貴重な白星を挙げたロイヤルズは1985年以来、29年ぶりの世界一に向けて逆王手をかけた。

20141029_aoki3

「2番ライト」で4試合ぶり先発の青木がWS10打席目で初安打初打点

 青木宣親外野手が所属するロイヤルズが28日(日本時間29日)に本拠地で行われたワールドシリーズ(WS)第6戦でジャイアンツを10-0で破り、3勝3敗のタイに戻した。「2番ライト」で4試合ぶりに先発した青木もシリーズ10打席目にして初安打初打点をマークするなど、勝利に貢献。負ければ終わりという崖っぷちの状態から貴重な白星を挙げたロイヤルズは1985年以来、29年ぶりの世界一に向けて逆王手をかけた。

 相手エースのバムガーナーに完封負けを喫してから2日後。ロイヤルズ打線が蘇った。

 0-0で迎えた2回、相手先発ピービを攻める。先頭の6番ゴードンからペレス、ムスタカスと3連打を浴びせて1点を先制。さらにチャンスは続き、1死満塁で青木が打席に立った。

 青木はこの日の第1打席で三振に倒れており、ここまでWSで9打数無安打。結果がほしい場面で2球で追い込まれながらファウルで粘り、7球目を捉えた。鋭い打球は三遊間を破るタイムリーヒットに。ここでピービは早くも降板となった。

 青木の初安打初打点でチームの勢いは増す。その後も3番ケインがセンターへ2点タイムリーヒットを放つなど、ロイヤルズはこの回8安打の猛攻で一挙7点を奪った。

 ジャイアンツも3回にロイヤルズ先発ベンチュラの3連続四球から1死満塁のチャンスを作るも、3番ポージーがショートへの併殺に倒れ、好機を逸する。

 その裏の攻撃でロイヤルズはさらに加点。1死から9番インファンテが2塁打を放つと、2死2塁で打席に立った青木は四球を選ぶ。続くケインがセンターへタイムリー2塁打を放ち8点目。

 さらに5回無死1塁で1番エスコバルがレフトへタイムリー2塁打を放ち、1点を追加。続く青木のセカンドゴロの間にエスコバルが3塁に進んだが、ケイン、ホズマーと凡退。青木は6回の守備からダイソンと交代した。7回には先頭のムスタカスがライトスタンドへ本塁打を放ち、10-0とした。

 一方、ベンチュラは7回までジャイアンツ打線を無失点に抑える好投を見せて降板。8回はフレーザーがマウンドに上がり、2本のヒットを許すも無失点で切り抜けた。そのまま継投で9回も抑えて大勝。ロイヤルズは打線も先発全員安打と勢いに乗り、29日(日本時間30日)の最終戦を迎える。果たして本拠地のファンの前で29年ぶりのWS制覇を達成できるか。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング