野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 2度の日本一で勇退 秋山監督は現役時代も“最強”の男

2度の日本一で勇退 秋山監督は現役時代も“最強”の男

今季限りでの退任を表明していたソフトバンクの秋山幸二監督。苦しいシーズンを乗り越え、クライマックスシリーズで日本ハムを破り、そして日本シリーズでは阪神を4勝1敗で下して、3年ぶりの日本一に輝いた。有終の美という言葉がこれほど当てはまる幕引きもないだろう。

飯田氏が語る秋山監督の現役時代

 今季限りでの退任を表明していたソフトバンクの秋山幸二監督。苦しいシーズンを乗り越え、クライマックスシリーズで日本ハムを破り、そして日本シリーズでは阪神を4勝1敗で下して、3年ぶりの日本一に輝いた。有終の美という言葉がこれほど当てはまる幕引きもないだろう。

 スポーツコメンテーターの飯田哲也氏は現役時代、その秋山監督と熱気溢れる日本シリーズの戦いを2年連続で経験した。そう、1992年、1993年に行われたヤクルトスワローズと西武ライオンズの対戦だ。飯田氏に当時の印象を振り返ってもらった。

「僕らは92年、93年に西武と日本シリーズで当たっていますが、あの当時の西武は本当に凄かったです。こんなスーパースター軍団と戦えるのかって、そんな印象でしたね。

 野村監督は、楽しめ、というようなことは言っていました。相手は王者だし、胸を借りるつもりで。“4連敗だけはしないように”と、冗談めかして言っていたことを覚えています」

 飯田氏の印象とは裏腹に、ヤクルトと西武の日本シリーズは息をのむような接戦が続いた。1992年は4勝3敗で西武、93年は4勝3敗でヤクルトが日本一に。森祇晶監督率いる常勝・西武ライオンズと、野村ID野球のヤクルトスワローズとの対戦は2年間にまたがり、球史に残るシリーズだったと言えるだろう。

 秋山監督は、その当時西武のセンターを守り、主に3番を打っていた。85年に初めて40本塁打を放つと、87年には43本で本塁打王を獲得。90年には35本、51盗塁で盗塁王を獲得し、プロ野球史上初めて、30本塁打・50盗塁という偉大な記録を達成した。

人気記事ランキング