野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 日本人最多3個目のチャンピオンリングを獲得 ジャイアンツのWS制覇を支えた2人の日本人

日本人最多3個目のチャンピオンリングを獲得 ジャイアンツのWS制覇を支えた2人の日本人

2014年のメジャーリーグはジャイアンツの優勝で幕を閉じた。日本では世界一を争ったロイヤルズ・青木宣親外野手の活躍が注目を浴びたが、実はジャイアンツに所属する2人の日本人が大きな快挙を達成したことをご存じだろうか。

20141102_giants

田口壮氏の2度を超える、3度目の世界一

 2014年のメジャーリーグはジャイアンツの優勝で幕を閉じた。日本では世界一を争ったロイヤルズ・青木宣親外野手の活躍が注目を浴びたが、実はジャイアンツに所属する2人の日本人が大きな快挙を達成したことをご存じだろうか。

 マッサージセラピストの小川波郎(はろう)氏とブルペン捕手の植松泰良氏。2人はともに2008年からチームを支え、2010、2012、そして今年と3度の世界一を経験している。カージナルスとフィリーズでワールドシリーズ(WS)制覇に貢献した田口壮氏を抜き、日本人最多となる3つ目のチャンピオンリングを手にしたのだ。

 メジャーで仕事をする人間にとって、世界一に輝いた時に手にすることができる豪華なチャンピオンリングは大きな勲章。これは選手だけでなく、すべてのスタッフにも配られ、小川氏と植松氏がジャイアンツでどれだけ大きな仕事を成し遂げてきたかを証明するものでもある。ワールドシリーズ第7戦が終わった後のクラブハウスでは、選手とともにシャンパンファイトで喜びを爆発させ、美酒に酔う2人の姿があった。

 鍼灸師である小川氏は、マッサージを担当。米国では珍しい鍼灸も取り入れ、メジャーの過酷なスケジュールの中で戦う選手たちを支えてきた。特に、先発ローテーションを担うジェイク・ピービ-、ティム・ハドソンをはじめとしたベテラン選手が体調管理を行うためには欠かせない存在となっている。

 試合中や練習中もグラウンドに姿を現すことはなく、クラブハウスで選手のマッサージなどに専念する。まさにジャイアンツを陰から支える存在だ。

人気記事ランキング