野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 前田健太、メジャーFA市場の投手部門で5位評価まで浮上 「ローテーションの上位」

前田健太、メジャーFA市場の投手部門で5位評価まで浮上 「ローテーションの上位」

MLB公式サイトが「フリーエージェント投手の新天地、契約内容を占う」との見出しでストーブリーグを特集。前田に関して推定年俸は総額1億ドル(116億円)で移籍先候補としてカブス、アストロズ、ブルージェイズが挙げられている。

カブス

契約規模は5年総額1億ドル? 高まる前田の評価

 将来的なメジャー挑戦の希望を持つ広島の前田健太投手(26)が日米野球での好投などにより、今冬のMLBフリーエージェント(FA)市場の投手部門の評価で全体5位に“ジャンプアップ”している。MLB公式サイトが「フリーエージェント投手の新天地、契約内容を占う」との見出しでストーブリーグを特集。前田に関して推定年俸は総額1億ドル(116億円)で移籍先候補としてカブス、アストロズ、ブルージェイズが挙げられている。

 FA投手で1位の評価を受けているのは昨年サイ・ヤング賞に輝いたマックス・シャーザー投手(30、タイガースFA)だ。今季開幕前にタイガースから提示された6年1億4400万ドル(167億円)という好条件での延長を固辞したシャーザーは、ファストボール、スライダー、チェンジアップという強烈な決め球を高く評価されている。敏腕のスコット・ボラス代理人と契約していることもあり、特集では契約規模として「7年総額1億8500万ドル(214億円)」と予想。来季所属先の候補にはヤンキース、ドジャース、タイガースを挙げている。

 2位に入ったのは今季途中にレッドソックスからアスレチックスにトレードで移籍したジョン・レスター投手(30)。寸評では、シーズン中に獲得したアスレチックスが今季限りで契約満了となるレスターに対してクオリファイング・オファー(QO)を出す権利がないことに言及。このため、シャーザーのケースとは異なり、獲得球団がアスレチックスにドラフト指名権を譲渡する必要がないことからさらに価値が高まるとしている。

 昨季、レッドソックスのワールドシリーズ制覇に貢献した左腕はファストボールの平均時速が1マイル(約1・6キロ)ほど下がったことも指摘されているが、いまだ評価はトップクラス。昨季16勝11敗、防御率2・46と好成績を残している30歳に関して、特集では6年総額1億3000万ドル(150億円)の契約を予想し、移籍先の最有力候補としてカブス、対抗馬としてヤンキース、ドジャースを挙げている。

 3位に入っているのはロイヤルズのワールドシリーズ進出に貢献したジェームズ・シールズ投手。記事では2007年から8シーズン連続で200イニング以上投げているタフさを評価。また、ファストボールの平均球速がこの間に2マイル(約3キロ)も上がっているという。

 一方、右腕は12月で33歳を迎えることもあり、長期契約におけるリスクも指摘されている。シャーザー、レスターとともに今オフのFA市場における先発投手の目玉と評価されるシールズの契約規模は5年総額9000万ドル(約104億円)と予想され、移籍候補としてレッドソックス、ヤンキース、カブス、レンジャーズ、エンゼルスの5球団が挙がっている。

 4位にランクインしているのはアービン・サンタナ投手(31、ブレーブスFA)。総額4年5000万ドル(58億円)の契約が予想され、移籍候補としてブレーブス、ジャイアンツ、ロイヤルズが上がっている。

 そして、5位に登場しているのが前田だ。

人気記事ランキング