野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、日米野球初黒星 藤浪がメジャー首位打者に痛恨の3ラン被弾

「2014 SUZIKI 日米野球」第4戦が16日、東京ドームで行われ、侍ジャパンが1-6でMLBオールスターチーム(MLB選抜)に敗れ、シリーズ初黒星を喫した。これで対戦成績は侍ジャパンの3勝1敗となった。

巨人

藤浪4回5安打5奪三振4失点、侍ジャパンは3勝1敗に

「2014 SUZIKI 日米野球」第4戦が16日、東京ドームで行われ、侍ジャパンが1-6でMLBオールスターチーム(MLB選抜)に敗れ、シリーズ初黒星を喫した。これで対戦成績は侍ジャパンの3勝1敗となった。

 MLB選抜はカプアーノ(ヤンキース)、侍ジャパンは藤浪(阪神)が先発。

 第3戦で侍ジャパン投手陣にノーヒットノーランを許したメジャー打線はこの日、初回から発奮。1死からプイグ(ドジャース)が左中間へツーベースを放つと、今季ナ・リーグ首位打者の3番モーノー(ロッキーズ)がライト線を破るツーベースでこのシリーズ初めて先制点を挙げた。

 侍ジャパンもすかさず反撃。2回、5番松田(ソフトバンク)が右中間にツーベース、6番筒香(DeNA)もレフト線へのツーベースを放ち、同点とする。

 MLB選抜は3回に再び藤浪を攻める。1死から1番アルテューベ(アストロズ)がライト前ヒット、続くプイグのツーベースで2、3塁のチャンスを作ると、モーノーがライトスタンドへ3ランを運び、3点を勝ち越した。

 侍ジャパンは4回、先頭の7番丸(広島)がセンター前ヒットで出るも、今宮(ソフトバンク)はキャッチャーフライ、小林(巨人)はセカンドへの併殺に倒れる。

 侍ジャパンは5回から継投に入る。藤浪は4回70球を投げ、5安打5奪三振4失点で降板となった。2番手の岩田(阪神)はいきなりピンチを迎える。1死からアルテューベにサードへの内野安打を許すと二盗を決められ、続くプイグにもレフト前ヒットを浴びて1、3塁に。しかし、前の打席で本塁打を放っているモーノーを併殺に仕留めて無失点で切り抜けた。

 6回、MLB選抜は2番手の右腕ウッテン(ブルワーズ)をマウンドへ送る。侍ジャパンは1死から2番柳田(ソフトバンク)がライトフェンス直撃のツーベースを放ちチャンスを作るも、内川(ソフトバンク)、中田と凡退。

 一方、MLB選抜は直後の7回に4番ロンゴリア(レイズ)がライトへソロ弾を放ち、追加点。

 4点を追う侍ジャパンはその裏の攻撃で相手3番手の左腕ブレビンス(ナショナルズ)を攻め、2死から丸がセンター前ヒット、代打・坂本(巨人)がレフト前ヒットで1、2塁のチャンスを作る。ここで打席に立ったのは代打・菊池(広島)。しかし、センターフライに倒れ、好機を逸した。

 8回、侍ジャパンは相手4番手ハンター(オリオールズ)に対し、1死から柳田がレフト前に弾き返す。柳田はこの日3本目のヒット。内川がライトフライに倒れるも、中田がレフト前ヒットを放ち、1、2塁に。しかし松田は見逃し三振に倒れた。

 侍ジャパンは8回にも3番手の武田(ソフトバンク)が1失点。打線もMLB選抜の継投の前に追加点を奪えず、日米野球初黒星。すでに1990年以来となる勝ち越しを決めているが、18日の最終戦(札幌ドーム)では白星で締めたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング