続々と“再就職先”が決定 なぜ「元中日」ブランドが重宝されるのか
2014.11.21
これが本当に戦力外なのか。中日で自由契約となった選手たちが、今オフのストーブリーグを盛り上げている。
中日

人気を博す中日戦力外の選手たち

 これが本当に戦力外なのか。中日で自由契約となった選手たちが、今オフのストーブリーグを盛り上げている。

 今オフ、第1次通告期間に辻孟彦、井上公志、矢地健人、小田幸平、田中大輔、中田亮二、森越祐人、井藤真吾、堂上剛裕、宋相勲。10月30日には新たに吉川大幾、川崎貴弘を加えた計12人を自由契約とする大なたを振るった。

 特に立浪和義の後継者として「背番号3」を託された高卒4年目・吉川の退団は大きな波紋を呼んだ。

 宮崎のフェニックスリーグに参加中、谷繁監督に練習態度を叱責されて名古屋に強制送還となり、直後に落合GMから戦力外に。以前から2軍監督に説教を受けるなど、練習態度が問題視されることがあった一方で、1年後に入団してきた高橋周平ら後輩に対し、兄貴分として面倒見の良さも見せていた選手だ。

 プレー面でも一昨年から俊足を生かすために両打ちに挑戦するなど、将来が期待された有望株。それを裏付けるように、2週間後には巨人入りが決定した。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月