野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大にとっても大きな補強 ヤンキースがストーブリーグでついに“始動”

田中将大にとっても大きな補強 ヤンキースがストーブリーグでついに“始動”

今オフ、目立った補強をしていなかったヤンキースが5日(日本時間6日)、ついに動き出した。中継ぎ左腕アンドリュー・ミラーを4年3600万ドル(約43億6000万円)で獲得。さらに、遊撃手のディディ・グレゴリウスを三角トレードで補強した。

20141206_tanaka

中継ぎ左腕ミラー、ジーターの後継者グレゴリウスを獲得

 今オフ、目立った補強をしていなかったヤンキースが5日(日本時間6日)、ついに動き出した。

 ドジャース、アストロズらと最後まで争奪戦になっていたフリーエージェント(FA)の中継ぎ左腕アンドリュー・ミラーを4年3600万ドル(約43億6000万円)で獲得。さらに、今季限りで引退したデレク・ジーター内野手の後継者として、遊撃手のディディ・グレゴリウスを三角トレードで補強した。ともに、田中将大投手にとっては心強い存在となりそうだ。

 オリオールズからFAとなっていたミラーは、当初からヤンキースの最大のターゲットの1人とされていた。2012年にレッドソックスで本格的に中継ぎに転向し、今季まで3年間で計163試合に登板。防御率は3.35、2.64、2.02と年々、向上している。特に、今季は73試合に登板とフル回転。シーズン途中にレッドソックスからオリオールズにトレード移籍し、地区優勝に大きく貢献した。

 ヤンキースからはクローザーのデビッド・ロバートソンがFAとなったが、米メディアはこれで再契約への動きは弱まると見ている。今季、セットアッパーとしてブレークしたデリン・ベタンセス、そしてミラーのどちらもクローザーを務めることが可能と見られているからだ。左腕不足に苦しんでいたヤンキースだけに、ブルペンの安定感は格段に増す。ポイントを抑えた補強となった。

 また、グレゴリウスはタイガースを含めた三角トレードでダイヤモンドバックスから獲得。ヤンキースには守備のスペシャリストのブレンダン・ライアンもいるが、米国内では、グレゴリウスの補強で最大の懸案事項となっていたジーターの穴は埋まるとの見方が強い。

人気記事ランキング