野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 米国はこう見ている
  • 元中日の左腕チェンがストーブリーグで大人気!? オリオールズがトレードで放出する可能性が浮上

元中日の左腕チェンがストーブリーグで大人気!? オリオールズがトレードで放出する可能性が浮上

オリオールズが元中日のチェン・ウェイン投手をトレードで放出する可能性があると、地元紙ボルティモア・サンが報じた。「オフシーズンの初めにエンゼルスと話し合いを持ったチェンに関して、オリオールズに問い合わせが相次ぐ」との見出しで伝えている。

full-count6

「業界全体の興味が“非常に高い”」と地元紙

 オリオールズが元中日のチェン・ウェイン投手をトレードで放出する可能性があると、地元紙ボルティモア・サンが報じた。「オフシーズンの初めにエンゼルスと話し合いを持ったチェンに関して、オリオールズに問い合わせが相次ぐ」との見出しで伝えている。

 メジャーリーグでは、8日から各球団の首脳や代理人が一堂に会するウインター・ミーティングが始まる。記事では、「オリオールズは、チェン・ウェインのトレード可能性に対する業界全体の興味が“非常に高い”と信じている」として、左腕放出の可能性に触れている。

「彼らは29歳の台湾人左腕を売ることに積極的なわけではないが、ほかのポジションが強化可能になるオファーを聞く事に前向きだ。チェンは来季終了後にフリーエージェント(FA)になり、スーパーエージェントのスコット・ボラスが代理人を務めている」

 2004年から8年間、中日でプレーしたチェンは、2012年にオリオールズに加入。3年目の今季はチームトップの16勝(6敗)を挙げ、防御率3.54の好成績でア・リーグ東地区制覇に貢献した。ただ、戦力強化につながるのであれば、放出も可能と見ているようだ。

 しかも、代理人は強硬な交渉で球団から好条件の契約を引き出すため、「吸血鬼」の異名を持つボラス氏。来オフにタフな残留交渉をしなければいけなくなることも、オリオールズがこのタイミングでチェン放出に乗り出すという案に説得力を持たせるという。

人気記事ランキング