野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 中継ぎとしては異例の大型契約が誕生 メジャーで高まるリリーフ投手の価値

中継ぎとしては異例の大型契約が誕生 メジャーで高まるリリーフ投手の価値

例年ウィンターミーティングを境にフリーエージェント市場が大きく動き始めるが、今年は開催以前から次々とフリーエージェントによる契約やトレードによる移籍のニュースが飛び込んできた。その中でも特に注目しておきたいのが、ヤンキースと4年3600万ドル(約43億2000万円)でサインした中継ぎ左腕アンドリュー・ミラーのケースだろう。

ヤンキース

4年43億円の大型契約を勝ち取った左腕ミラー

 例年ウィンターミーティングを境にフリーエージェント市場が大きく動き始めるが、今年は開催以前から次々とフリーエージェントによる契約やトレードによる移籍のニュースが飛び込んできた。その中でも特に注目しておきたいのが、ヤンキースと4年3600万ドル(約43億2000万円)でサインした中継ぎ左腕アンドリュー・ミラーのケースだろう。9回を任されるクローザー以外のリリーフ投手が、4年という長期契約で、しかも1年あたり900万ドル(約10億8000万円)という大型契約を勝ち取ることは非常に珍しいからだ。

 ミラーと言えば、今季のトレード期限日7月31日にオリオールズへ移籍するまで、レッドソックスのブルペンでセットアッパーとして活躍した人物。田澤純一とともに守護神・上原浩治につなぐ重要な役割を担った。

 今季はレッドソックスとオリオールズの両軍合わせて73試合に登板。防御率は2・02で、62回1/3を投げながら被本塁打3、与四球17、奪三振103の成績で、WHIP(1回あたりの被安打数+与四球数)は0・80という素晴らしい数字を残している。左腕である上に約2メートルという背の高さで、速球は時速94マイル前後を計時し、武器は曲がりの大きなスライダー。細身の長身から投げ下ろされるボールは、打席に立つとより一層速さが感じられるという。

 今オフのFA市場でリリーフ投手は、完全なる「売り手市場」だ。

 今季のワールドシリーズを戦ったジャイアンツとロイヤルズが、両チームともに鉄壁のブルペンを誇っていたように、先発ローテーションはもちろんだが、安心して試合を締めくくってくれる中継ぎ&抑えの重要性を多くのチームが痛感している。

 だが、FAとなったリリーフ&クローザーの数は少なく、需要が供給を上回る形になっている。最大の目玉と言えば、ヤンキースで守護神を務めたロバートソン。そんなこともあり、ミラーの元には20球団を超える数のオファーが届いたという。

人気記事ランキング