野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

左腕レスターがカブスと契約合意 6年総額185億円でサインへ

アスレチックスからフリーエージェント(FA)となっていたジョン・レスター投手がカブスと契約合意に達したとFOXスポーツの名物記者、ケン・ローゼンタール氏がツイッターで伝えた。

カブス

FA市場の「ビッグ3」がようやく合意、和田とチームメートへ

 アスレチックスからフリーエージェント(FA)となっていたジョン・レスター投手がカブスと契約合意に達したとFOXスポーツの名物記者、ケン・ローゼンタール氏がツイッターで伝えた。

 その後、各メディアの記者も続報をツイッターで伝え、ヤフースポーツのジェフ・パッサン記者は「レスターとカブスが6年総額1億5500万ドル(約185億円)で合意したと、関係者がヤフースポーツに話した。レッドソックスは次点。彼らの最終的な提示額は6年1億3500万ドル(約160億円)だった」と契約内容について報告した。

 また、CSNシカゴのデビッド・カプラン記者は「レッドソックス(の提示)は6年1億3500万ドル。カブスは6年1億5500万ドルに7年目のベスティング・オプションで1500万ドル(約17億9000万円)をプラスしてサインする」と、さらに詳しい条件を伝えた。ベスティング・オプションとは、一定の条件を満たせば自動的に契約が延長されるシステムのことだ。

 長年、レッドソックスのエースだったレスターは今年7月にトレードでアスレチックスに移籍。シーズン終了後にFAとなり、今季のワールドチャンピオンのジャイアンツなど複数球団が興味を示していたが、最後はカブスとレッドソックスの一騎打ちとなっていた。アスレチックスへの移籍当初、左腕は来季のレッドソックス復帰を熱望していたが、古巣はカブスとの条件面での差を埋められなかったようだ。レスターはすでにカブスと再契約を交わしていた和田毅投手ともチームメイトになる。

 今オフは、レスターに加えてマックス・シャーザー(タイガースからFA)、ジェームズ・シールズ(ロイヤルズからFA)がFA市場の「ビッグ3」と言われていたが、ようやく1人目の契約が決まった。停滞していた投手市場にも動きが出てきそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング