野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 人的補償で飛び交う情報戦 ヤクルトの狙いはやはり「投手」?

人的補償で飛び交う情報戦 ヤクルトの狙いはやはり「投手」?

巨人にFAで移籍した相川亮二捕手の人的補償のリストが一両日中にヤクルトに届くことになっている。ヤクルトには一体、誰が加入するのか。様々な意見と憶測が飛び交っている。

東京ヤクルト神宮

FAで移籍した相川の人的補償は誰に

 巨人にFAで移籍した相川亮二捕手の人的補償のリストが一両日中にヤクルトに届くことになっている。ヤクルトには一体、誰が加入するのか。様々な意見と憶測が飛び交っている。

 発端は補強への発言権のある真中新監督の一言から始まった。

「外野手の即戦力がほしい。うちではすぐに使える。いい選手がいれば獲りにいく」と明かしたのだ。

 ヤクルトの外野手は今季、主にレフト・バレンティン、センターは雄平と上田、ライトは雄平と飯原などが務めた。雄平は来季のレギュラーはほぼ確定的。左足のアキレス腱を手術したバレンティンや右肩を手術したミレッジが開幕微妙であることや、センターを固定できなかったことから、即戦力の外野手があと1人ほしいという思いもあるのだろう。

 巨人の外野手は好選手が揃う。コーチ兼任となった高橋由伸や代打の切り札、矢野謙次らレギュラーではないものの真中監督の言う「いい選手」(=力のある選手)がプロテクトから外れれば獲りにいくこともあり得るため、一部報道で2人の名前が挙がった。だが、優勝に不可欠な戦力であるこの2人が外れることはまずない。

 そこで聞こえてきたのが、もう1人の外野手、松本哲也という声だ。俊足と広い守備範囲でセンターのレギュラーを獲れる力は十分にある。打率は低いが出場機会が増えれば結果は出るだろう。しかし、たとえプロテクトから外れていたとしても球団関係者からすると可能性は半々だという。

人気記事ランキング