野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 来春、大学球界でも「二刀流」登場か 誰もが実力を疑わない18歳の可能性

来春、大学球界でも「二刀流」登場か 誰もが実力を疑わない18歳の可能性

「来年、神宮が盛り上がると思います。甲子園を沸かせたあの1年生が拓大に入りますから」。大学野球界の関係者が言う。

full-count11

来春から拓殖大に進学する明徳義塾の岸潤一郎

「来年、神宮が盛り上がると思います。甲子園を沸かせたあの1年生が拓大に入りますから」。大学野球界の関係者が言う。関係者だけでなく、ファンも、来年の東都大学リーグを楽しみにしている。春夏通じて4度の甲子園に出場した明徳義塾のエースで4番、岸潤一郎選手(18)が、東都リーグ1部の拓殖大に進学するからだ。

 岸は1年の夏から甲子園で4番を務め、マウンドを経験。通算なんと6勝。最後の夏も優勝した大阪桐蔭に敗れたが、9回2アウトから意地のホームラン。甲子園初アーチに「最後まで僕があきらめちゃいけないと思い、必死で振りました。最終回も楽しみながら投げることもできた。甲子園には4度、来ることができた。心の中に(甲子園という場所を)残しておきたいと思います」。土は持って帰らずに、去った。端正なマスクに細身の締まった身体つきで女性ファンも多かった。

 タイで行われた高校選抜にも選ばれ、投打の軸に。長崎国体ではサイクルヒットも達成し、その試合で完投勝利するなど、ピッチャーでも野手でもどちらも高い能力を示した。進学の意向が強く、プロ志望届は出さなかったが、提出していればプロから指名はあっただろう。そんな選手であるからこそ、大学に進学すれば、1年生からレギュラー候補であることは間違いない。

人気記事ランキング