野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

黒田博樹の広島復帰決断に影響? ヤンキース伝説の左腕が送った助言とは

ヤンキースからフリーエージェント(FA)となっていた黒田博樹投手の広島復帰の決断に影響を与えたとされる偉大な先発左腕との会話が、改めて全米で話題になっている。

20141229_kuroda

今季最終登板でペティット氏に去就についての助言を求めていた黒田

 ヤンキースからフリーエージェント(FA)となっていた黒田博樹投手の広島復帰の決断に影響を与えたとされる偉大な先発左腕との会話が、改めて全米で話題になっている。MLB公式サイトが黒田の日本球界復帰を特集し、ヤンキースでの最後の登板となった9月25日のオリオールズ戦(ヤンキースタジアム)での一幕を紹介している。

 今季限りで現役引退したデレク・ジーター内野手にとっても本拠地最終戦となったこの試合で、黒田は8回3安打2失点無四球という素晴らしいピッチングを披露。勝利投手の権利を手にマウンドを降りたが、後続が打ち込まれて勝敗はつかなかった。

 ヤンキースでは打線の援護に恵まれず、見殺しにされることが多かった黒田にとっては、ニューヨークでのキャリアを象徴するような不運な幕切れだった。だが、この試合前に去就決断に大きな影響を与えたとみられている偉大な先達との会話があったという。

 かつての先輩で、ヤンキースでは5度のワールドシリーズ制覇に貢献したメジャー通算256勝の大投手、アンディ・ペティット氏に対し、黒田はロッカールームで去就について助言を求めたことを明かしていた。

「昨日の試合前にアンディと去年のヒューストンでの彼の最後のピッチングについて語り合いました」

 黒田よりも2歳年上のペティットは、2010年限りで1度は現役を引退しながら、2012年シーズンに復帰。そして、2013年9月28日に迎えた“正真正銘”の現役最後のマウンドは見事だった。

人気記事ランキング