野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島復帰の黒田博樹にLA地元紙も惜別コラム 「数々の思い出に感謝」

メジャー1年目の2008年から2011年まで活躍したドジャースの本拠地ロサンゼルスからも、鉄腕のメジャー離別を惜しむ言葉が捧げられている。

20141229_kuroda3

ニューヨークだけでなく、ロサンゼルスでも愛された黒田

 ヤンキースからフリーエージェント(FA)となり、広島に復帰することが決まった黒田博樹投手の日本帰還を惜しむ声を上げているのは、ニューヨーカーだけではない。メジャー1年目の2008年から2011年まで活躍したドジャースの本拠地ロサンゼルスからも、鉄腕のメジャー離別を惜しむ言葉が捧げられている。

 地元紙ロサンゼルス・タイムズは「母国に戻る元ドジャースのヒロキ・クロダの数々の思い出に感謝する」との見出しで、番記者が書いた惜別のコラムを掲載。広島から海外FA権を行使し、ドジャースでメジャーの門を叩いた黒田の1年目を「33歳の右腕は英語も話せなかったが、ロサンゼルスのファンから愛されていた」と回想している。

 ドジャースでの4年間の成績は41勝46敗、防御率3.45、WHIP(1イニングあたりのヒット+四球)1.12。勝敗の見栄えはあまり良くないが、ロサンゼルスの人たちが実際に黒田に感じていた印象は全く違うという。

「まあいいピッチャーという印象を持つかもしれないし、あまり注視しないかもしれないが、それはとてもじゃないが正当な評価とは言えない。健康な黒田はチームのためにトップレベルの試合を作る脅威であり、いつもそうだった」

 記事では、勝敗の数字だけで計れない黒田のパフォーマンスをこう評している。

「彼は最高の打線の援護を享受することが一度もできなかった。彼の勝敗の成績は、彼がいかにいい投球を見せたかを示していない。2011年のドジャース最終年で、彼の最後の21試合の防御率は2.84だったにもかかわらず、8勝11敗に終わっている」

人気記事ランキング