野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

黒田博樹は「米国で最も成功した日本人投手」 米メディアが最大級の賛辞

ヤンキースからフリーエージェント(FA)となり、広島復帰を決めた黒田博樹投手について、米メディアが「日本出身でメジャー史上最も成功した投手」と最高級の賛辞を送った。

20140904_kuroda2

黒田の広島復帰を受けて「最高の日本人MLBプレーヤー」を特集

 ヤンキースからフリーエージェント(FA)となり、広島復帰を決めた黒田博樹投手について、米メディアが「日本出身でメジャー史上最も成功した投手」と最高級の賛辞を送った。CBSスポーツが黒田の日本球界復帰を受けて「最高の日本人MLBプレーヤー」との見出しで特集を組んでいる。

 記事では、セイバーメトリクスの指標の1つで、現在のメジャーで最も重視されているWAR(Wins Above Replacement)を使って歴代日本人選手のランキングを作成。WARとは打撃、守備、走塁、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、そのポジションの代替可能選手と比較し、どれだけ勝利数を上積みしたかを表す。

 このランキングで、ダントツのトップはヤンキースからフリーエージェント(FA)となっているイチロー外野手。今年までのキャリア14年間で積み上げたWARは58.8となっている。2位は野茂英雄氏の21.8。いずれもメジャーリーグで日本人選手の歴史を変えた偉人だ。

 そして、3位に入ったのが黒田。WARは野茂にわずかに及ばない21.7となっている。記事では、黒田がドジャース、ヤンキースでの7年間で211試合に先発し、防御率3.45をマークしたことを紹介。その上で、そのパフォーマンスを称えている。

人気記事ランキング