野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本復帰の黒田と松坂に米記者が言及 明暗分かれた評価

同じタイミングでメジャーから日本プロ野球に復帰することになった黒田博樹投手と松坂大輔投手について、米地元紙が記事を掲載。その評価は明暗を分ける結果となっている。ボストン・グローブ紙が、運命の決断を下した2人の日本人エースについて報じている。

20150105_kurodadicek

「2人がキャリアの閉幕に日本に戻ることを決断したのは興味深い」

 同じタイミングでメジャーから日本プロ野球に復帰することになった黒田博樹投手と松坂大輔投手について、米地元紙が記事を掲載。その評価は明暗を分ける結果となっている。ボストン・グローブ紙が、運命の決断を下した2人の日本人エースについて報じている。

「ヒロキ・クロダとダイスケ・マツザカの2人がキャリアの閉幕に日本に戻ることを決断したのは興味深い。クロダは1年契約を望むヤンキースか、パドレス、あるいは別の球団で、高給を手にメジャーでキャリアを続けることは可能だった。マツザカは話が別で、アメリカでの彼の時間は完全に終わっていた。クロダはまだ成功可能だったが、彼はキャリアをスタートさせたところでの引退を望んだ」

 同紙の名物コラムニスト、ニック・カファルド氏は両投手の日本復帰をこう伝えている。

 ヤンキースからフリーエージェント(FA)となった黒田については、大型補強を続けるパドレスから1800万ドル(約21億7000万円)の1年契約を提示されていたことをサンディエゴの地元紙ユニオン・トリビューンが報じていた。

 来月に40歳となるベテラン右腕は昨季、故障者続出のヤンキースで1人だけ先発ローテーションを守り抜き、11勝9敗、防御率3.71と安定した成績を残した。ヤンキースから手にしていた年俸1600万ドル(約19億2000万円)よりも200万ドル(約2億4000万円)も高い条件を提示されていたように、不惑を迎えてもメジャーで活躍できると分析されていた。だが、黒田は推定年俸4億円の古巣・広島からのオファーを選び、その男気は大きな話題となった。

人気記事ランキング