【米国はこう見ている】イチローはなぜ圏外? MLB歴代ベスト100漏れに米記者が“異論”
2015.01.09
今年のアメリカ野球殿堂入りの発表に合わせて、ESPNが独自に歴代のMLB選手ランキングを発表した。ここに将来の殿堂入り確実と言われているイチロー外野手が入っておらず、分析原稿に定評のある同社のデビッド・スコーエンフィールド記者がその理由に言及している。
20141230_ichiro2

photo Yukihito Taguchi

ESPNが禁止薬物使用疑惑のある人物も含めた独自のランキングを発表

 今年のアメリカ野球殿堂入りの発表に合わせて、ESPNが独自に歴代のMLB選手ランキングを発表した。ここに将来の殿堂入り確実と言われているイチロー外野手が入っておらず、分析原稿に定評のある同社のデビッド・スコーエンフィールド記者がその理由に言及している。

 ランキングは現役選手も含めたベスト100で、薬物使用疑惑のある人物も含まれている。本家の殿堂入り投票では、今年もバリー・ボンズ、ロジャー・クレメンスら圧倒的な実績を誇りながら“グレーゾーン”にいる人物に票が集まらず、あえなく落選となっただけに、ひと味違うメンバー構成となっている。

 例えば、1位はベーブ・ルース、2位はウィリー・メイズと続くが、3位にはボンズが名を連ねた。さらに、クレメンスも7位とトップ10入りしており、現在のMLBで最もダークなイメージが強いアレックス・ロドリゲスは現役最高の23位と、薬物使用疑惑のある選手が上位に顔を出している。

 イチローはこのベスト100に入るような実績を残していないのか。スコーエンフィールド記者は、このランキングについて説明する原稿で「イチローはどこ?」という項目を作っている。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月