【米国はこう見ている】阪神残留を決めた鳥谷敬にメジャー契約のオファーはなかった?
2015.01.11
海外FA権の行使を宣言しながら、最終的に阪神残留を決めた鳥谷敬内野手に関して、メジャー契約のオファーが届いていなかった可能性が浮上している。
full-count11

「レギュラーとしての彼の能力に対する疑問からマーケットは限定されていた」

 海外FA権の行使を宣言しながら、最終的に阪神残留を決めた鳥谷敬内野手に関して、メジャー契約のオファーが届いていなかった可能性が浮上している。

 パドレスの本拠地サンディエゴの地元紙「ユニオン・トリビューン」は「トリタニ、日本残留」との見出しで、日本人内野手の決断を報じた。33歳の遊撃手はスコット・ボラス代理人と契約し、メジャー移籍を模索。候補にパドレスも挙がっていたが、鳥谷が阪神球団を通じて残留を発表したことを伝えている。

 強引な手腕で有名なボラス代理人は、鳥谷を「日本のカル・リプケン」と伝説の鉄人にたとえて、売り込みをかけていた。だが、記事では「メジャーリーグのレギュラーとしての彼の能力に対する疑問から彼のマーケットは限定されていた」と報じている。

 さらには「パドレスに加え、ブルージェイズ、メッツが興味を示しているとされていたが、関係者が先月語ったところによると、サンディエゴは鳥谷に対する正式オファーに至らなかった」ともレポート。同紙は年末に、鳥谷について一番打者とショートというパドレスの補強ポイントを満たす存在と報じていたが、オファーは出ていないとした。

 また、最も鳥谷獲得に熱心とみられていたブルージェイズも、正式オファーはまだ出していなかったようだ。米テレビ局「CBSスポーツ」の敏腕記者ジョン・ヘイマン氏は、自身のツイッターで「阪神で1444試合連続出場中のタカシ・トリタニは阪神に残留する。ブルージェイズは1度も正式オファーを出していない」と報じている。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月