野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • “黒田キラー”は誰? 広島復帰を決めた右腕を得意としていた打者たち

“黒田キラー”は誰? 広島復帰を決めた右腕を得意としていた打者たち

ヤンキースから広島に復帰した黒田博樹投手の話題は、年が明けても続いている。

20150116_kuroda

現役選手で黒田から最もヒットを放っているのは?

 ヤンキースから広島に復帰した黒田博樹投手の話題は、年が明けても続いている。同僚の選手たちは歓迎ムードで、開幕投手を争うことになるエースの前田健太は「(開幕をやるつもりで調整していきます」と刺激を受けている様子。また、救援の一岡竜司も「ひとりのファン目線で見てみたいし、長く現役を続けるためにはどうするのか知りたい」と、一緒にプレーすることを心待ちにしている。

 一方で、メジャー移籍前(2007年まで)に対戦したバッターや、当時の黒田のボールの威力を知る打者たちは脅威に感じているだろう。ただ、得意としていたバッターもいる。

 日本の現役選手で黒田から最もヒットを放っているのは、阪神の福留孝介。中日時代、そしてカブス時代ともに得意としていた。日本では112打数の37安打、4本塁打、打率3割3分。2008年5月、シカゴで実現したカブス対ドジャースでのメジャー初対戦でも第2打席の初球でセンター前ヒットを放つなど、米国では通算10打数4安打の打率4割だった。

 中日では森野、荒木が高打率を残している。森野は40打数13安打、1本塁打、6打点、打率3割2分5厘。荒木は森野に比べて対戦数が多く、90打数27安打の打率3割をマークしている。

人気記事ランキング