野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、最高の外野陣に挑む 初のナ・リーグ、昨季の経験生かせるか

イチロー、最高の外野陣に挑む 初のナ・リーグ、昨季の経験生かせるか

春季キャンプ開始まで約1カ月となった時期に、大リーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)となっていたイチロー外野手の去就が決まった。複数の米メディアが23日(日本時間24日)、マーリンズと1年200万ドル(約2億4000万円)程度で契約合意したと伝えた。大リーグ15年目で初のナ・リーグとなる。

20150124_ichiro

マーリンズと合意のイチローが今季置かれる状況とは

 春季キャンプ開始まで約1カ月となった時期に、大リーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)となっていたイチロー外野手の去就が決まった。複数の米メディアが23日(日本時間24日)、マーリンズと1年200万ドル(約2億4000万円)程度で契約合意したと伝えた。大リーグ15年目で初のナ・リーグとなる。

 マーリンズ公式サイトは球団史上初の日本人選手について、「4番目の外野手を獲得した。外野の控えと右投手相手の代打で起用されるだろう」と位置付けた。

 マーリンズの右翼には米スポーツ史上最高額とされる13年総額3億2500万ドル(約380億2500万円)で契約延長した25歳のスタントン、左翼にゴールドグラブ賞を受賞した23歳のイエリック、中堅には昨季23本塁打を放った24歳のオズナがレギュラーにいる。スポーツ専門局ESPN(電子版)がナ・リーグ最高と評した外野陣は鉄壁だ。米メディアも「あと156本に迫るメジャー通算3000安打の今年中の達成は難しい」との見解で一致している。

 1年契約で来季のオプションも付いていないとみられ、選択肢が少ない中での決断だったと思われる。球団公式サイトのフリサロ記者がツイッターで「イチロー側に他に選択肢がないとしたら驚きだ」とつぶやいていたが、厳しい評価が浮き彫りになった形だ。今オフ、イチローに興味を示している球団には、オリオールズとマーリンズ、ブルージェイズが挙がっていたが、「外野の4番手」以上の評価は得られなかったのだろう。

人気記事ランキング