野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー加入のマーリンズは「今季飛躍の球団」5位 米メディアが分析

イチロー加入のマーリンズは「今季飛躍の球団」5位 米メディアが分析

イチロー外野手が契約合意に達しているマーリンズが今季勝ち星を伸ばす球団予想でトップ5にランクインしている。

20150125_ichiro2

1位は上原&田澤所属のレッドソックス、3位は和田所属のカブス

 イチロー外野手が契約合意に達しているマーリンズが今季勝ち星を伸ばす球団予想でトップ5にランクインしている。ESPNが「今季を占う。最も躍進する5つの球団」と特集。1位は上原浩治、田澤純一両投手の所属するレッドソックス、3位は和田毅投手の所属するカブス、5位がマーリンズとなっている。

 記事ではランキングを紹介する前に昨シーズン、前年度から勝ち星を積み上げた球団トップ5に言及。1位はア・リーグ西地区首位のエンゼルス(98勝64敗)でプラス20勝、2位は同地区4位のアストロズ(70勝92敗)でプラス19勝、3位は岩隈久志投手の所属する同地区3位のマリナーズ(87勝75敗)でプラス16勝、4位はナ・リーグ東地区4位のマーリンズで(77勝85敗)でプラス15勝、5位はワールドシリーズを制覇したナ・リーグ西地区ジャイアンツ(88勝74敗)でプラス12勝だった。一方、昨オフ、田中将大、ジャコビー・エルズベリー、ブライアン・マッキャン、カルロス・ベルトランらの補強に総額5億ドル程度の資金を投入したヤンキースが前年の85勝から1勝少ない84勝止まりだったことを例に挙げ、補強費の多寡が勝利数に直結しないとの見方を示している。

 これを踏まえた上で、今季最も勝ち星を伸ばすチームとして、上原、田澤らが所属するレッドソックスが予想されている。

 2013年シーズンに世界一に輝きながら、昨季は71勝91敗で一転、ア・リーグ東地区最下位に沈んだレッドソックス。今オフはジャイアンツからフリーエージェント(FA)となったパブロ・サンドバル、ドジャースからFAとなったハンリー・ラミレスら超大物を獲得。さらにはリック・ポーセロ、ウェイド・マイリー、ジャスティン・マスターソンという先発投手3人を補強し、2年ぶりのワールドシリーズ制覇に一気に戦力を増強させた。

 寸評では「エースがいない先発ローテーションを評価しない人もいるかもしれないが、大幅に強化された攻撃陣を評価しないことは難しい」と分析。内野から左翼に転向するとされるラミレス、ルスネイ・カスティーヨ、ムーキー・ベッツの外野陣を評価しつつ、今季ア・リーグ東地区に圧倒的な強豪が見当たらないこともプラス材料に挙げている。1992年から94年以来となる連続シーズン負け越しを回避できるとの分析だ。最低でも昨季より10勝は上積みするという見方だが、果たしてどうなるか。

 2位に挙げられているのはアストロズ。昨年の弱点だった一塁、三塁、レフト、ブルペンという補強ポイントをしっかりと強化したことが評価対象となっている。昨年の首位打者となったホセ・アルトゥーベ、クリス・カーター、ダラス・カイケル、コリン・マクヒューら主力4人が今季もしっかりと貢献すると予想し、昨年ルーキーだったジョージ・スプリンガーが打線の中軸に成長するとも分析。強豪揃いのア・リーグ西地区について「アストロズには不利な状況となるが、エンゼルスとアスレチックスが戦力ダウンで、バランスの取れたリーグになる」とも指摘している。

人気記事ランキング